FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
見えた富士山! 宿直の間隙を縫って出張取材
Mt.Fuji seen from Higashikurume 今年最初のリポートに、長引くロヒンギャ難民問題を取り上げるべく、その1回目の取材として関東へ行って来ました。ビルマ政治の専門家と在日ビルマ人、そして日本に暮らすロヒンギャ難民から三者三様の話を聞くことができました。
 ということで、インタビュー取材が主で、旅モノの制作ではなかったのですが、都内のビジネスホテルで目覚めると、青空の下マウントフジが間近に聳えていたのです。かつて6年ほど東京で仕事をしましたが、こんな好条件で富士山を望めた覚えは殆どありません。当然ですが、三脚を据えて押さえておきました(写真:ビデオからの抜き)。未だリサーチ中ではありますが、ミャンマーとバングラデシュで現地取材を敢行した後、1本のリポートに纏める予定です。よって、日本国内で聞く話の前に、このニッポンを象徴するカットが有効に使えると思っています。
 ところで、今回は高齢者施設での宿直の間隙を縫っての出張。特別養護老人ホームという施設なので、日頃から夜中に救急搬送や亡くなられるお年寄りがいらっしゃいますが、特に冬場はインフルエンザが深刻な問題です。手洗いやマスク、温度湿度の管理、早期治療のほか、面会の制限など対策は講じています。しかし、肝心の職員が平素からぎりぎりの人数でシフトを回しているところへ、職員が施設内外で罹患し多数の欠勤が出ています。その結果、限られた人が過重労働になって抵抗力が弱まり、また罹患しシフトが回らなくなるという非常事態が危惧されます。
 かつて勤めていた新聞社の某支局で法定伝染病が発生し、全ての支局員が隔離病棟に強制入院させられたことがありました。小生は本社からのカバー要員の一人として、ツテも土地勘もない街を走り回って、市内版と県版を何とか埋めたという記憶があります。当時はまだ余力を持たせる経営ができていた時代だったと懐かしんでいてはいけません。医療福祉を筆頭に生命に関わる仕事では、非常時にこそ多忙になるわけですから、いつの時代でも平時の余力は決して余剰人員ではありません。夕方から翌朝まで週1、2回という勤務なので、こうして出張取材にも行け、且つ、最も深刻な社会問題の渦中に身を置けるアルバイト。本業のジャーナリストと両立できているのも、色々ヤリクリして来たことが肥やしになっているのだろうと思っています。(しんぼー)
スポンサーサイト
謹賀新年 2019(平成31)年 正月
Nara on the first day of 2019 あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお喜び申し上げます。
 小生も定年退職後は年末年始に仕事が入ることもなくなり、現役時代の罪滅ぼしで家族サービスに勤しみ、奈良で新年を迎えました。写真は宿の窓から、業界で言うところの"褞袍ショット"。 元旦の陽光を浴びる東大寺大仏殿と奈良市街です。
 小生は昨年前半、関西の某テレビ局で派遣ディレクターとして働き、後半はフリーランス・ジャーナリストとしてカンボジアとベトナム、タイを訪ね、三本のリポートを取材・発信しました。
 勤務先の仕事では主に国内の事件事故をはじめ様々な話題を取材していましたが、定年後は「継続は力なり」を信じてライフワークの東南アジアに絞っています。今年前半はミャンマーの根深いロヒンギャ問題を報道すべく準備中で、まずは1月の東京出張からです。
 一方で、日本の現状を知り、同時に取材の赤字を埋めるため、これまで弁当工場のラインや宅配便の仕分け、エネルギー企業のキャンペーンなどで派遣労働者を体験しましたが、今年は特別養護老人ホームの宿直に行ってきます。統計だけでは解らない少子高齢化問題を肌で感じられることと内心期待しています。
 本年も相変わりませず、当ブログを宜しくお願い申し上げます。末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


ヒマダネ『未来に続く廃線』をアップ!
HuaLamphong_st 標題のビデオリポートを個人サイト『東南アジアの人びと』にアップしました。今年の前半は派遣ディレクターとして某テレビ局に勤めていたので、後半にカンボジアとベトナム、タイと取材し3本の記事付きビデオリポートを発信しました。しかし、タイで取材した3本目は個人サイトだけで、今のところどのメディアにも載せていません。というのは、やはりメディアというのは商業媒体。特に近年は売れ筋のネタしか受け付けないからです。
 今回は廃線探訪記でもあります。しかし、台頭する中国が一帯一路のもと東南アジアでもインフラ建設に乗り出しているなか、その廃線をタイ政府が復活させるプロジェクトを閣議決定し、投下する金額も発表したばかりなので、いま報道する意味はあります。しかし、日本の受け手にとっては日常生活や自分の利害に直接すぐには関係して来ない動きなので、海外のヒマダネの一つに過ぎません。新聞、雑誌、テレビと長年メディアの内側で働いていましたので、その感覚は嫌というほど分かっています。今や出版経費や電波料が不要になったインターネット時代ですが、記事の文字数や映像の尺に制限がなくてもひとたびメディアとなれば、その法則は同じです。
 ただし、紙(誌)面や番組枠は必ず埋めなくてはならないのですが、毎回ホットな話題や重大ニュースで埋めるというのは難しいものです。限られた人員と予算、取材対象エリアという条件が付くからですが、個人のライフワークで東南アジアを取材していると余計にサモアリナン、です。しかし、特定の媒体やシリーズを読んだり見たりすることが習慣になっている受け手にとっては、時に軽いヒマダネがあっても気分転換にならないでしょうか。また、送り手としては、前回は入管法改正で騒然となることを見越してベトナム人実習生らを取材しましたが、そんなビビッドな話題で受け手の注意を引いておき、その次ぎは普段なかなか興味を持ってもらえないが、自分としては以前から取材したかった話を持ってくることがあります。
 もちろん、地味なネタで退屈にならないよう、今回の場合は列車の箱乗り取材やドローンによる空撮など魅力的な映像を織り込み、BGMも使用料を惜しまず選びました。それに東南アジアに興味がなくても、鉄チャンや廃墟マニアの方には楽しんで頂ける部分も。お時間が許す方は、どうぞご覧になって下さい。(しんぼー)


次の取材は… 『未来に続く廃線』
地雷原を往く混合列車 写真は、地雷除け無蓋車を先頭に、内戦中のカンボジアを走る混合列車。時代は変わりましたが、次の取材は鉄道を軸とし今月25日からタイへ行ってきます。中米関係が険悪になり“新たな冷戦”というような世界情勢です。その余波で日中は接近し、日本は中国に対するODAは止めるが、第三国での開発事業を中国と協同でといった路線に舵を切ろうとしているようです。ということで、今回はその第三国の一つ、タイへ。
 取材現場は、第二次世界大戦中に日本軍が建設し、今は廃線となっている『クラ地峡鉄道』跡。そこに新線を2020年に着工したいというタイ政府の意向が見えてきました。ASEANの優等生タイは運輸でもその中心にいたいのでしょう。しかし、大きなインフラ整備は外国からの援助か投資なしには難しいのが現実です。よって、一帯一路政策を推し進める中国と、経済力やプレゼンスを急には落としたくない日本との三つ巴の開発事業になるかも知れません。
 ところで『廃線』には独特の魅力があり、書籍やウェッブサイトにも数多くの探訪記があります。しかし、このクラ地峡鉄道は、良く知られる泰緬鉄道の補助的役割として1943年末に開通しましたが、戦後すぐにレールが撤去され、残る記録も少なく、忘れ去れていた廃線と言えます。それでも、マレー半島が最も細くなっているクラ地峡は運輸交通の要所で、7世紀以降の『海のシルクロード』もここを通り、舟からゾウに荷を積み替えて横切っていたそうです。
 現代ではシーレーンやタイの工業地帯からのショートカットになることから、地政学的にも地図が描き替えられる壮大なプロジェクト。歴史を紐解きながら廃線を辿り、当事国タイを中心に中国や日本の思惑にも触れる、そんな探訪記にしようと思っています。年内には発表します。ご期待ください。(しんぼー)


新しいリポートをアップ 
trainees_hanoi"写真:来日前に『ラジオ体操第一』を覚えた実習生たち=ハノイのタイン・ドー国際人材育成で

 『ベトナム人が見た日本 ~実習生・留学生急増の陰で』というリポートを『Yahoo News』個人サイト『東南アジアの人々』にアップしました。個人サイトの方は、3話加えて少々長くなっています。それでも割愛した話を一つ。中部の貧しい漢学者の家に生まれたというベトナム独立の父、ホーチミンは漢史の一節を引用して「1年先を考えるなら種を蒔け(中略)100年先を考えるなら人を育てよ」と人材育成の大切さを唱えました。ベトナムをはじめ東南アジアの多くの人たちが経済的豊かさを求めて、中東や欧州、そして日本へと出稼ぎに行っています。それで得たものが消費だけに終わらず、自国発展に繋がれば良いのですが。お時間の許す方は最新リポートをどうぞご覧になってください。
 さて、企画立案に始まって、リサーチ・アポ取り、国内取材、ベトナム現地取材、編集・脱稿、ネットへのアップロードと3カ月を費やしました。全て独りでやったことで、複数の作業を並行して進められずに遅くなった部分と、スタッフとのスケジュール調整や打ち合わせが不要なので早くできた部分があります。そもそも、独りでやっても大赤字ですので、アルバイトのADさんも雇えません。
 しかし、1時間番組ならさておき、こんなに時間をかけることはメディア企業内では無理。定年退職後に半ば趣味でやっているからです。取材や制作にじっくり手間暇をかけているメディア企業は、受信料で運営している某局を除くと殆どなくなってきました。インターネットの発達で洪水状態になっている文字と写真と映像と音声。そのなかに埋もれてしまい、なかなか事業としては成立しなくなっているからでしょう。
 ふと、劇場での芝居や生演奏、それに小さなスクリーンの映画館での上映が羨ましく思えることがあります。しかし、それらはコアなファンが対象。小生の場合やはり、当初の目的から「興味がない」という人たちを含めたマスを対象とはしなくては意味がありません。他にやりたいことも、また、より良い方策も浮かびませんので、今後も隔靴掻痒、このスタイルを続けて行きます。(しんぼー)