FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
フライング営業のスナックで
 ライフワークは東南アジアですが、現地へ取材に行けるのは早くて7月以降と見えて来ました。ということで、それまでは新型コロナ関連で国内取材を続けます。身の回りにマスコミが取り上げないけれど、看過できないことがあれば、是非ご一報ください。どうぞ宜しくご理解ご協力の程お願い申し上げます。
                             * * * * * * * * * * * * * * 

びくびくしながらフライング営業するスナック 「もうあんまり人生に未練ないのよ、私。いつ死んでもいいかなって」。「いやいや、まだ千万馬券あてないと」。幸子(仮名)ママと常連客の昨夜のやりとりだ。
 東京都や大阪府などを除く39県で緊急事態宣言の解除が決まった5月14日の午後8時半、まだ解除されていない県で営業を再開していたスナックがあった。新型コロナのウィルス感染でハイリスクな三密の極みとされているのがスナック。カウンターに鈴なりになってマスクを外して酒を飲み、談笑にカラオケとなれば、互いに飛沫感染は避けられまい。まだ営業も外出も自粛要請が解除されていないので、フライング営業である。
 50代後半の幸子さんは雇われママ。空家賃と使わないカラオケの配信料を払っていた経営者から「そろそろ店を開けようと思うけど、嫌でなかったら、どう?」と11日に連絡が入ったそうだ。昼間はスーパーのパートに行っているママは、子どもは既に独立して一人暮らし。「私、美味しいものとかお酒、大好きなんだけど、昼だけだと家賃と携帯代で消えちゃって…」。経営者は休業補償してくれず、持続化給付金の申請要件は満たせず、びくびくしながらも店を開けることを選んだ。『自粛警察』という新語をよく目にするようになった。個々の事情などは考慮せず、自粛していない人への攻撃が横行するなか、ママはフライングするか否かの判断を委ねられ、矢面に立たされている。
 今の経営者で4代目というこの店は、私鉄の駅前で半世紀以上続いてきた。紛れもなくスナックの草分けと言える。なぜなら、スナックという業態は東京オリンピックが開かれた1964年頃に生まれたから。当時、風俗浄化という観点から酒類提供店の深夜営業への規制が厳しくなった。そこで、酒も出すが「スナック=軽食」の店という口実で規制を逃れるために現れたとのこと。だが、今回は人命が係っているだけに、そんな抜け道もなさそうだ。
 それでも特定警戒県以外では入り口に消毒用アルコールを置きながら営業を続けていたバーもあった。「平熱より高い方と3人以上のグループはお断りします。入店前に必ず手指の消毒をお願いします。間隔を空けている椅子の移動は禁止です。互いに1m以内に近寄らないでください。当面、使い捨ての紙おしぼりを使います」。アルコールの瓶の上に貼られていた遵守事項である。
 全国でコンビニより多く約10万店あるといわれるスナックは、新型コロナの影響で経営が立ち行かなくなり廃業が続出。加えて、緊急事態宣言の解除後も飲食店は総じて対面で座ることや人と人が近づくことを避けるよう求められるのが自明なので、客足が戻るかも不透明だ。日本の飲み文化が変わるかも知れない。
 幸子ママも店を再開するにあたって、毎日検温し、マスクを着け、入り口にアルコールを置いている。知人の居酒屋では看板を蹴破られたと聞き、看板には灯を入れず、カラオケも低音量でマイクなし。競馬の話をしていた常連客は洋食店のシェフ。「今日の客はひとりっ!」と自嘲する。この日こっそり訪れた客は小生を入れて4人、三密には程遠い寂しさだった。
 「また来てね」という幸子ママ。フライング営業しているのを知られると嫌がらせがあるかもと、見送りは断った。店の外は真っ暗。オープン当時からの型板ガラス越しにオレンジ色の光が仄かに漏れていた。(しんぼー)
スポンサーサイト



テーマ:働き方 - ジャンル:就職・お仕事

営業要請、そして自主取材へ
shoppingmall 昨日ショッピングモールのPVを納品しました。インターネット用映像制作『アサヤン企画』の仕事です。お陰様で「京都と難波の民泊施設」や「テニスのジュニア選手」、「民謡フォーク公演」、「地産地消のイタリア料理」、「ライブハウスでの歌唱」、「ハーモニカ講座」などなど、次々と仕事は入ってきています。しかし、義理や好意を抱いていない見ず知らずの人にも見せられるようになるのですが、編集(仕上げ)まで依頼してくるクライアントは3、4人に1人です。
 ここに上げたショッピングモールは珍しく即アップロードできる完パケまでという注文でした。格安料金で請けているのに「テナントの全18店をもれなく入れて、駐車場も紹介して」といった無茶な要望に、体力の限界に挑戦しながら、1日のロケで6分前後のビデオを2本を制作。そもそも『アサヤン企画』の仕事はテレビ局で言うところの“営業要請”というかインフォマーシャルに相当します。あれもこれもと詰め込むと散漫になったり、目玉が霞んだりしてしまって逆効果と一応は説きますが、最終的には「御意!」とばかりにクライアントの注文通り作ってナンボの世界なのです。
 一方、高齢者施設の宿直管理のアルバイトは、増えてきた経験を活かせるこのバイトとの両立が難しくなったこともあって、今年いっぱいで辞めることにしました。施設の裏面が見える宿直体験を活かして来年前半には『未明の介護業界(仮題)』を自主制作する予定です。丸一年勤めて関係を醸成し、ネタ元になってくれたり、証言してくれたりしそうな人も見つかっています。
 個人事業の中での営業要請ですが、それで作った資金で「介護」に着手する前に、来月はライフワークの東南アジア取材に行こうと目下リサーチ・仕込みの真っ最中。次回このブログでその内容に触れようと思っています。(しんぼー)


知識と経験を活かせれば
newsite SEO対策を施し、スマホ時代に対応させて『アサヤン企画』のホームページを更新しました。アルバイトでやっている「インターネット用映像制作」のサイトです。SEOはSearch Engine Optimizationの略で、検索された際により上位に表示されるよう表示画面では見えない所を書き変えました。加えて、PCモニターではなくスマホで見る人が急増するなか、小さな縦長画面で見ても判るレイアウトにしました。
 そもそもバイトする目的は、万年赤字の本業の自主取材の資金を得るため。ところが、バイトであろうが、派遣であろうが、定年退職者は門前払いされるか、仕事があっても単純労働というのが現実です。小生は高齢社会の実情を間近に見たいという思いもあって、今年1月から介護施設の宿直アルバイトを月7、8回のペースでやっています。仕事の中味は、守衛業務のほか、認知症の方もかけてくる電話の取り次ぎ、掃除・ゴミ捨て、観葉植物の水遣り、自転車整理、ちょっとした営繕も。
 それでも、試しにやってみたコンビニ弁当工場のラインや宅配便の仕分けなどよりは格段に楽です。工場ラインや倉庫での仕分けは、息つく暇もなく作業が押し寄せ、トイレにさえ行けそうになく、まるでロボットになった気分でした。「格段に楽」などと言った高齢者施設ですが、宿直バイトが雑用もするのは当然で、20年選手の部長でさえ送迎の運転手を兼務せざるを得ないといった、ここも慢性的な人手不足なのです。志を持って入った若い人たちも、やり甲斐に不満を、将来に不安を感じて転職していく人が少なくありません。いずれ介護業界の課題を自主取材で取り上げようと、このアルバイトはもう少し続けるつもりではいます。
 ところで、その宿直は夕方4時半から翌朝9時過ぎまでなので、まだまだ時間も元気も持て余し気味。かといって、単純労働は心身ともにきつくて続きそうにありません。そこで、自分の知識や経験を活かせるバイトを増やしたいと申請した『小規模事業者持続化補助金』。それがすんなり審査に通り、このほどSEO対策の専門家に依頼できたというわけです。見た目でもデザインを変え、新しい写真や文章も増やしました。撮りっぱなしではなく、演出と編集も責任を持ってというのがウリ。「映像で発信したいけれど、自分では作れない」という方が周囲にいらっしゃいましたら、ご紹介いただければ幸いです。ただ、一人でやっていますので、注文が殺到するとお待ち頂くことになります、まぁそんなことはないでしょうが…。(しんぼー)

アサヤン企画第1作は『奈良・矢田寺北僧坊』!
アサヤン企画第1作 ライフワークの東南アジア取材の赤字を埋め、次の取材経費を捻出しようと、インターネット用映像制作の新事業『アサヤン企画』を始めました。有り難いことに旧友が熱心に営業してくれ、奈良県大和郡山市の矢田寺北僧坊が最初のクライアントになって下さいました。5月初頭、午後から翌朝にかけてロケに行った後、延べ2日ほど編集作業をして4分少々の短編に仕上げました。クライアントも早速Youtubeにアップされています。
 地蔵で親しまれている古寺ですが、別名「あじさい寺」と呼ばれるだけあって、6月のアジサイシーズンに向けて映像で知名度を上げたいということです。急増している外国人観光客と世界中で見ることができるインターネットを意識し、アメリカ人にネイティブ・チェックしてもらった英語スーパーも入れました。
 インターネットに動画を上げて何かを発信したいが、映像プロダクションに依頼するほどの予算はないという中小企業や個人を対象に、これまでの経験でお役に立てればと思って格安料金で請けています。ディレクター、カメラマン、編集マンと一人三役をこなし、ナレーターやリポーターもプロではなく、その卵。小生が40年前に卒業した大阪芸術大学の放送学科の学生さんたちに、実習がてらアルバイトしてもらっています。
 あいにく僧坊には昨シーズンまでに撮ったアジサイが咲き乱れる境内の写真がなく、写真はサイズの小さな著作権フリーをちょっと無理して使っているので、画像が荒れています。しかし、社寺巡りや古都にご興味のある向きには楽しんで頂ける映像になったのではないかと思っています。お時間の許す方はご覧になって頂き、もっとお時間が許す方はアジサイが咲く頃、矢田寺を探訪して頂ければ幸いです。(しんぼー)


腕が鈍らない?ための飛翔シリーズ
コゲラ=芦屋市若葉町で、5月10日写す 春から初夏を迎えて、近所の小鳥たちも求愛や子作りで動きが活発になっています。写真はキツツキの仲間で最小サイズの『コゲラ』です。これは頼まれて撮っているのでもなく、何に使うアテもない写真。よって、敢えて連写モードにせず、ピントも露出も手動でシャッターを切りました。
 定年退職後にアルバイトをしようと、カメラマンを求人していた写真館に面接に行った時のことです。「半日で500カットは撮ってもらわないと…」と言われて、唖然とした覚えがあります。36枚撮りのフィルムに換算すると15本。野球の試合を撮影したとして、完全ボール球まで弾いていても、500カットにはなりません。そのカット数は、のべつ幕なしシャッターを切っていることになり、それならば4Kビデオで撮って、気に入ったコマを抜けば良いのではと思ってしまいます。フレーミングも大事ですが、やはり「今!」と思う瞬間を切り取るのが写真で、どのタイミングが「今」なのかを判断するのがカメラマンの仕事だという考えは、もう時代遅れなのでしょうか。
 近年は写真より映像を撮る機会の方が多くなっていますが、ビデオカメラも動く被写体に対してカメラを反射的に操作できないことには、良いカットを取り損ねてしまうという点では同じです。次に時間がある日は、カワセミかコアジサシを撮りに行こうかなと思っています。(しんぼー)