FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
見えた富士山! 宿直の間隙を縫って出張取材
Mt.Fuji seen from Higashikurume 今年最初のリポートに、長引くロヒンギャ難民問題を取り上げるべく、その1回目の取材として関東へ行って来ました。ビルマ政治の専門家と在日ビルマ人、そして日本に暮らすロヒンギャ難民から三者三様の話を聞くことができました。
 ということで、インタビュー取材が主で、旅モノの制作ではなかったのですが、都内のビジネスホテルで目覚めると、青空の下マウントフジが間近に聳えていたのです。かつて6年ほど東京で仕事をしましたが、こんな好条件で富士山を望めた覚えは殆どありません。当然ですが、三脚を据えて押さえておきました(写真:ビデオからの抜き)。未だリサーチ中ではありますが、ミャンマーとバングラデシュで現地取材を敢行した後、1本のリポートに纏める予定です。よって、日本国内で聞く話の前に、このニッポンを象徴するカットが有効に使えると思っています。
 ところで、今回は高齢者施設での宿直の間隙を縫っての出張。特別養護老人ホームという施設なので、日頃から夜中に救急搬送や亡くなられるお年寄りがいらっしゃいますが、特に冬場はインフルエンザが深刻な問題です。手洗いやマスク、温度湿度の管理、早期治療のほか、面会の制限など対策は講じています。しかし、肝心の職員が平素からぎりぎりの人数でシフトを回しているところへ、職員が施設内外で罹患し多数の欠勤が出ています。その結果、限られた人が過重労働になって抵抗力が弱まり、また罹患しシフトが回らなくなるという非常事態が危惧されます。
 かつて勤めていた新聞社の某支局で法定伝染病が発生し、全ての支局員が隔離病棟に強制入院させられたことがありました。小生は本社からのカバー要員の一人として、ツテも土地勘もない街を走り回って、市内版と県版を何とか埋めたという記憶があります。当時はまだ余力を持たせる経営ができていた時代だったと懐かしんでいてはいけません。医療福祉を筆頭に生命に関わる仕事では、非常時にこそ多忙になるわけですから、いつの時代でも平時の余力は決して余剰人員ではありません。夕方から翌朝まで週1、2回という勤務なので、こうして出張取材にも行け、且つ、最も深刻な社会問題の渦中に身を置けるアルバイト。本業のジャーナリストと両立できているのも、色々ヤリクリして来たことが肥やしになっているのだろうと思っています。(しんぼー)
スポンサーサイト
謹賀新年 2019(平成31)年 正月
Nara on the first day of 2019 あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお喜び申し上げます。
 小生も定年退職後は年末年始に仕事が入ることもなくなり、現役時代の罪滅ぼしで家族サービスに勤しみ、奈良で新年を迎えました。写真は宿の窓から、業界で言うところの"褞袍ショット"。 元旦の陽光を浴びる東大寺大仏殿と奈良市街です。
 小生は昨年前半、関西の某テレビ局で派遣ディレクターとして働き、後半はフリーランス・ジャーナリストとしてカンボジアとベトナム、タイを訪ね、三本のリポートを取材・発信しました。
 勤務先の仕事では主に国内の事件事故をはじめ様々な話題を取材していましたが、定年後は「継続は力なり」を信じてライフワークの東南アジアに絞っています。今年前半はミャンマーの根深いロヒンギャ問題を報道すべく準備中で、まずは1月の東京出張からです。
 一方で、日本の現状を知り、同時に取材の赤字を埋めるため、これまで弁当工場のラインや宅配便の仕分け、エネルギー企業のキャンペーンなどで派遣労働者を体験しましたが、今年は特別養護老人ホームの宿直に行ってきます。統計だけでは解らない少子高齢化問題を肌で感じられることと内心期待しています。
 本年も相変わりませず、当ブログを宜しくお願い申し上げます。末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


ネットニュースに初寄稿
 先月現地取材した『なぜ続く強権独裁?~カンボジア2018総選挙~』を、『ヤフーニュース』に寄稿しました。各人の得意分野でヤフーニュースの「個人オーサー」に登録、企画書などの手順を踏んで寄稿すると、原稿料や取材経費の一部をヤフージャパンが払ってくれる仕組みです。こうしたインターネット媒体での発表は個人サイトを除いて、人生初の体験です。
 取材に行く前は「これから映像に力を入れて行きたいのでビデオリポートを」と聞き、それ用に取材してきたのですが、出稿時になると「スチル写真付きで2000字以上の記事も」と言われました。ちょっと慌てましたが、結局“二刀流”で仕事しました。ニュースサイトを開く多くの人は、まだまだ文字原稿を求めているので、映像だけではダメだという話です。テレビだけでなく、新聞と雑誌での若い頃の経験が役立ちました。
 それにしても、通勤電車の中で新聞を読んでいる人は殆ど見かけなくなっています。なかにはゲームに熱中している人いますが、とにかく乗客の7、8割はスマホとにらめっこといった具合に、ニュースもインターネットで読まれる時代になっています。イヤホンを繋げば、もちろん映像ニュースもスマホで視聴可能です。
 文章、写真、映像はそれぞれの表現伝達方法の違いだけでなく、同じ取材対象でも、その着目点というか捉え方が異なる場合が多々あります。読者に自分のペースで読んでもらえる文章、フレームの中の一瞬を凝視してもらえる写真、動画と音声を恣意的な順序やテンポで提示できる映像。しかし、一人の発信者においては手段が違っても、焦点を当てたい事象や伝えたいことは同じです。いま60代前半の世代はペンとフィルムカメラで仕事を始め、ここ10数年はキーボードとデジタルカメラで仕事しています。小生の場合は発表媒体もインクの臭いがした新聞から、テープで撮影編集したテレビを経て、スマホでも読めるインターネットに。写真は、21年前にフィルムカメラで撮影した当時46歳のフンセン氏。今回の選挙でカンボジアの独裁政権は変わらず続くことになりましたが、他方で時代の変遷を感じずにはおれません。(しんぼー)

半年で転進 生涯現役を目指して 
アパート近くの池 「大阪で震度6弱」の地震があったことは、皆さんよくご存知か自ら遭われたことと思います。雲仙普賢岳や阪神淡路、玄海西方沖、東日本、熊本などで、また、台風などによる土砂崩れや洪水の取材も幾度となく取材・報道してきました。しかし、派遣ディレクターでは、そうした経験を活かせません。写真はアパート近くの灌漑池の鵜。そのアパートも来月末には引き払います。
 定年後なので、敢えて小規模な所で力になれればと思ったのでした。しかし、「このままで良い、それはやりたくない」と言われてしまっては、力になりようもありません。早朝深夜に亘る取材や突発に対応できるようアパートを構え、地ネタを取ろうと何軒かの飲み屋などで馴染み客にもなりましたが、そういうことも求められていないと判りました。
 ということで、派遣ディレクターは今月末までとしました。来月は総選挙取材でカンボジアへ行き、その後は一本毎に持ち込んだり、請け負ったりするつもりです。そうしたフリーランスは30代に東京で6年間やったことがあります。
 「石の上にも3年」とは言いますが、石の上に3年どころか10年、20年いる人を見て確度の高い予測がつきます。小生は若い頃から経営には興味がありませんので、これ以上の深入りはしません。今回は僅か6カ月での転進ですが、前向きに生涯現役を目指しますので、今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。(しんぼー)


ぶらぶらしているより遙かにマシ
Cherry blossoms in Ashiya
 10日ほど早かった桜も散り、古都で仕事を始めて3カ月半が経ちました。振られる仕事は軽い街ダネやグルメ、季節モノといった感じか、そうでなければ“ありました原稿”のリライトや再構成です。地域の問題点を深追いすることは求められず、中央や世界の動きに対する地元の反応を軟派や地方版感覚で展開することもノーサンキューと言われます。かといって、一人の人間に密着して、その人の生き方に迫るような企画にも乗ってきません。
 それでも習い性というのでしょうか、古都のアパート泊の夜は色んなタイプの飲み屋を開拓中です。また、アングラ情報の通との交流にも努めています。業種や交友関係が違う人たちとの四方山話から、社内や発表モノでは決して得られない発想やネタを頂戴したことが、これまでに何度もあったからです。
 東京で仕事をしていた30代は、フリーランスのジャーナリストやディレクターとしてキー局でニュースの特集やドキュメンタリー番組をかなり自由に作っていました。しかし、その後放送局の社員として記者やディレクターをやっていた20年のうちに、業界の体制はがらりと変わっていました。近年はフリーランスとは契約しなくなり、制作会社に属すか、派遣会社を経由することが求められます。ということで、今の身分はハケン。しかも、プロデューサーではなくディレクターとしての派遣ですので裁量権が殆どなく、企画会議にも呼ばれたことがありません。
 60を超えると途端に敬遠される社会のようですが、生涯現役でいたい小生にとっては、定年後ぶらぶらしているよりは、これでも遙かにマシ。限られた取材対象の中にも、どこかで自分なりのエスプリを利かせられないか、担当番組を少しでも面白くできないかとは思っています。(しんぼー)