プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
企画が出せなくなれば、辞表を
 前回のブログに高イビキで眠れるなんて書きました。確かに、滞っていた自分の仕事を一つは片付けられました。ですが、一難去ってまた一難、次の企画締め切りが日一日と迫ってきます。日刊や週刊の仕事をしていた頃は、泣いても笑っても、締め切りまで精一杯取材すれば、それで良しという感じでした。でも、今やっているのは番組なので、企画の段階で話のヤマが予測でき、着地点が射程に入ってなければなりません。
「最近どうですか?なんか面白いことないですか?」。名刺帳を繰って、片っ端から、そんな電話をすることも以前はやっていましたが、これは深夜早朝にはできません。日中や宵の口は独りで出来ない急ぎの仕事を優先しますから、やはり余裕がなければ直当たりはできません。そんな具合で、リサーチはどうしても夜中になり、データベースを漁ったり、ネット検索したり、購読している新聞雑誌をめくったり、本棚に手を伸ばしたり…。
 夜が白々と明けるまでやっても、見つからなかったら、寝ていたのと同じ。空しいというより、強迫されているように感じます。近年も見つかる時は見つかっているので、諦めは悪いままです。しかし、今回の枠はいろいろな条件が付いていて、ただ面白いだけではダメです。企画が出せなくなったら、辞表を出す時だと思います。というわけで、精神的にも余裕なしで、ブログもサボりがちになっています。(しんぼー)

スポンサーサイト

テーマ:ストレス - ジャンル:就職・お仕事

高イビキで眠れます
 締め切りに1週間ほど余裕を持って企画が見つかりました。偶然にも先方の都合で、同じ日の夕方と夜、立て続けに2本OKとなったのです。今回のネタ探しは絶不調で、のたうちまわっていただけに、ちょっと気が抜けてしまい、企画書の脱稿に時間がかかっています。
 その内容は会社の守秘義務があり、当然未発表なので、ここでは明かせません。どうして見つかったかと言うと、実に「イヌも歩けば」式なのです。
 その日は大型書店で最近の流行や話題を鳥瞰し、あるいは、信仰や伝統から展開できないかと『アーミッシュ』の本を1時間くらいあれこれと立ち読みしていました。しかし、具体的なリサーチを始めるまでもなく、許される予算やロケ期間、公共の電波では無理という結論に達してしまうテーマの多いこと。で、悶々としながら繁華街を徘徊していて、その2本のうちの1本に出くわすことになります。
 もう一本は1年以上温めているネタの1つだったのですが、信頼関係が醸成されたのか、先方が「顔出しで撮られても良い」という気持ちになって、電話をくれたのです。
 これで、ようやく放ったらかしにしていた自分の仕事も進められ、とりあえず今夜は高イビキで眠れそうです。(しんぼー)

テーマ:作業日報 - ジャンル:就職・お仕事