プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
ジャーナリストと会社経営
 反骨精神や、物事を敢えて他人と違った角度で見る天の邪鬼な性格はジャーナリストに必要なものだと思っています。ところが、経済成長の峠を越したこの国が世界同時不況に遭っている昨今、企業ジャーナリストはヒラや若い人たちを含め全社員が発行部数や視聴率など、要は会社の利益を考えさせられる風潮が強まっています。
 小生が新聞社に入った30年前は、編集局と営業局はそれぞれ自分たちの立場を貫こうと、一つの会社の中でも対立していたと記憶しています。政府と議会の関係のように、良い意味で立場を異にしていました。確かに、それは商業メディアとしては、効率が悪かったかも知れません。不況を脇に置いておいても、インターネットの普及や異業種の新規参入などでメディア間の競争も激しくなるなか、マスコミは生き残りをかけ、かなり変質して来たように思います。
 こうしてジャーナリストが利益や会社経営のことを考慮しなければなくなると、それは広告主や受け手のウケを狙わざるを得ないということにならないでしょうか。安泰でありたいと思うスポンサーや読者、視聴者は急激な分裂や変化などを嫌い、現体制を維持したいでしょう。その反映か、番組や記事も市場しだいといった感じで、キワモノや辛口、反体制なものなどは需要が落ち込み、加えて、出口の見えない不景気の鬱憤晴らしをしたい人が多いからか、今やどんな内容にでも娯楽的なタッチや演出が求められているように感じます。
 片やフリーランスのジャーナリストなら関係ないかと言えば、載せる媒体はマスコミ企業が握っているわけですから、たとえ身銭を切って独自に取材しても、発表の場がないということになっています。そもそもジャーナリストは面白可笑しいから、儲かるからではなく、逆に、憂鬱になるようなことでも、経済を減速させる方向の内容でも、報じる必要があると思うものを取材すべきだと信じています。けれども、それが殆ど出来ない時代になってきたようです。(しんぼー)
 

 
スポンサーサイト
新しい記事アップ。でも、昼行灯!?
 お待たせしました。と言っても、一つ前のタイ深南部を自主取材したものなのですが、ようやく英訳記事をウェッブサイトに掲載できました。同じタイでは現在、タクシン派のデモ隊と軍が衝突し、邦人ジャーナリストを含めた群衆のなかに死傷者が出ているだけに、何とも昼行灯のような記事になってしまいました。
 言い訳のように聞こえますが、このところ小生は勤務先の仕事がテンパっていて、徹夜もしばしば。年2回の自主取材は、次の取材のリサーチを始めなければならない頃に、やっと前の取材分を発表に漕ぎ着けられるというありさまです。
 しかし、地元住民のタイ・ムスリムと警察や軍との間で緊張状態が続くタイ深南部では、毎日のように死傷者が出ていて、過去5年間で死者が3500人を超したのも事実です。首都バンコクと違い、日本人の駐在員や観光客が少ない地方だからでしょうか、また、慢性化してニュースにならないからでしょうか、このことは殆ど報道されていないのです。
 そもそも自主取材を始め、二十数年続けて来たのも、マスコミが殆ど報じず、小生の場合、勤務先の仕事としては取材しない出来事の中に、もっと伝えなければならないと思うことが多々あるからです。ということで、自主取材では敢えて“隅を狙い”、タイムリーに出すのも、タイミングを逸するのも、大差ありません。なので、昼行灯になるのは最初から想定内だと自分に言い聞かせている次第です。(しんぼー)