FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
治外法権?
 沖縄の普天間基地のゲートを土砂降りのなか撮影していると、赤灯を回したMPのパトカーがやってきて、降りてきた若い憲兵が撮影はダメだと言います。基地の敷地外の日本の公道から肉眼で見える範囲を撮っているにも関わらずです。まるで駅や港、橋を撮影するとトラブルになった冷戦時代の共産圏での出来事のよう。しかし、これは米国のグーグルアースでヘリが何機駐まっているかを誰でも見ることができ、鞄や服にピンホールを空ければ動画の隠し撮りさえ可能な現代の話。それもアメリカと軍事同盟を結んでいる日本国でのことです。
 かといって、肝心の自爆テロなどは警戒していないようで、小生の身体や持ち物は検査しません。また、パトカーの助手席には通訳アルバイトらしき日本人青年が乗っていたのですが、この青年の英語がたどたどしく、哀れみすら感じます。「公道からの撮影が、なぜ禁止なのか理解出来ない」、「裁判所へ訴えるなら、どうぞ」と米兵に言うと、彼は「僕の考えじゃない、規則なんだ」と困った顔をし、基地内で上官に会ってくれと。軍事機密の漏洩を防ぐといった高尚なものではなく、レベルの低い嫌がらせとしか思えません。
 なぜなら、基地周囲の高い位置で望遠レンズを使えば、ゲートからは見えない基地内の施設や兵器も画面いっぱいに撮れるのです。こんな難癖を付けられるのも、無条件降伏し不平等条約を結んだ敗戦国だからでしょうか。米兵の傍若無人な振る舞いはしばしば事件になり報道されていますが、お門違いな取材妨害やセンサーシップ(報道管制)ももっと問題にすべきだと思います。
 さて、顛末ですが、今回の沖縄取材は勤務先の仕事で、基地ゲートの映像はインサート用。この絵がなければ番組が成立しないということもありません。且つ、基地内への“招待”を受けていては帰りの飛行機に間に合わなくなる時刻でした。この言いがかり自体がネタになる、面白い展開だったのですが、会社がこうしたトラブルを嫌うのは容易に想像できます。よって、深入りするのは個人として来た時に譲ることとし、米兵が傘もささず見届けるなか、空港へ向けて車を発進させたのでした。(しんぼー)

スポンサーサイト
長いものには巻かれろということ?
「ビンラディン殺害」のニュースが世界中を駆け巡りました。一報を耳にした瞬間、やはり小生もなぜ拘束や逮捕でなく「殺害」なのかと、先ず思いました。遺体が本人であることを中立的な第三者に確認させたくなかったのか、裁判にかけることを避けたかったのか、なぜ当局はわざわざそんな疑惑が生じて当然のやり方を選んだのか、今もそのことを考えています。
 体制側のジャーナリストやメディアにであろうが作戦を事前にリークすると、作戦が失敗に終わる可能性が高まります。しかし、遺体がまだ現場にある状態で公表しなかったのは、なぜなのか大きな疑問が残ります。加えて、水葬した後の発表で、当局が撮っているはずの写真や映像でさえ、未だメディア側にはないようです。
 ベトナム戦争では前線やハノイまでジャーナリストが入り込んで、最前線とその両側の状況が報道されました。その結果、戦争の実態や背景と同時に、反戦運動が当事国のみならず世界中に伝播し、兵士の間でも厭戦気分が拡がり、アメリカの敗北に至ったのは史実となっています。その轍を踏まないためにか、以降は大本営発表的なセンサーがかかった報道以外は難しくなるよう、軍と政府と財界がスクラムを組んで、ジャーナリストとメディアを抑え込んでいるように感じます。政府がメディアに介入して当然の一党独裁の社会ではなく、自由主義社会に於いても、目先の利益を生まず、利益追求を邪魔するものは、経済的に干すという形で言論統制があるかのような状況になっていないでしょうか。
 市民にも疑惑を晴らしたい人は少なくありません。しかし、過半数の人たちは景気が上向いて、自分の収入も増えることを期待して、体制に異論を唱えようとはせず、疑問を抱く人をタブー視します。“長いものには巻かれろ”というのも処世術です。但し、その長いものが武力衝突を避け、和平に向かっているか否かという方向性は、個人の暮らしにも大いに影響することは間違いありません。(しんぼー)