FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
「美容」のその後
 いやはやGWどころか、4月の異動以降、夜も休日も勤務先の仕事で潰れています。というのも、前の部署で制作途上にあった番組の中で、被取材者との関係などで引き継げなかったものを3本抱えている上に、異動先ではレギュラーの仕事が付いているからです。その仕事とは当ブログで前回書いた「美容」。
 午後3時前後の3、40代女性がターゲットの枠で、新しい化粧品の開発や薬害訴訟、美容整形の最先端を取り上げるのではありません。隔週で20分近いVTRを作るというタイトなスケジュールから、身近な「UV対策」や「頭皮ケア」といった話題を復習し、市中に出回りだした新製品を紹介するのが関の山。マスコミ生活33年目にして初めての分野なので右も左も判らず、ネタ元探しも一苦労と効率が悪いため多忙を極めていると自己分析しています。
 しかし、大勢には影響なさそうな話ばかりです。それでも、特に民放においてはニュースやドキュメンタリーより数字が取れる枠であることは事実。だからこそ、社内的に今回のような異動があったのだと自分に言い聞かせているところですが、同時にニュースやドキュメンタリーはどうなのかと考えています。大勢に影響しそうな政変や判決、人権や自由の蹂躙、経済の盛衰、科学技術の発展、事件事故、自然災害など、或いは、それらに影響され変化する大勢を取材し報じていますが、警鐘を鳴らしても水は高いところから低い所へ流れるように、社会も然り。ニュースやドキュメンタリーの仕事をしていても、暖簾に腕押しの観は拭えません。
 結局「美容」や“温泉グルメ”、バラエティーなどが視聴率を取れ、スポンサーも付くということが、社会の仕組みや動き方を如実に物語っていると思うのです。二国間や多国間の国際政治も、一国の内政や経済も、たとえ大国の覇権下でも独裁政府の下であっても、一部のインテリや反体制派ではなく大多数の人が何を第一義とするかで、その方向性は決まっているのではないでしょうか。「美容」は古今東西人類の夢、不老長寿の「不老」の対策ですし、こうした観点を持てば「美容」は王道です。(しんぼー)
スポンサーサイト
エープリルフールの異動
 月2回と決めていたブログ更新ですが、先月ついに1回しか出来なくなってしまいました。というのは、勤務先で劇的な異動を言い渡されたのです。先月中旬は代休消化の形で休暇を取って自主取材に行っていましたが、出発前には制作途上だった番組の引き継ぎ、戻ってからは夜間や休日も関係なく新部署での仕事の仕込みに追われています。
 10年前に報道部から制作部に移り、主にドキュメンタリーを作ってきたのですが、本日4月1日からはワイドショーを担当している社会情報部という持ち場です。温泉グルメをするのかと思いきや、何と「美容」の枠を充てられました。新聞、雑誌、テレビとマスコミ業界で32年やって来ましたが、これまでの一番軟らかいものは芸能人やスポーツ選手のスキャンダル、コマーシャルなのは自治体の啓発ビデオや企業のPV。「美容」はこの歳になって全く初めての分野ですが、エープリルフールの茶番劇ではありません。
 確かにドキュメンタリーや報道は近年じわじわと下火になっています。視聴率が取れ、スポンサーが付くワイドショーやバラエティーに人員をシフトするのは会社経営としては至極自然なこと。しかし、経験や適性を度外視し小生に美容というのは、遠回しに定年を待たずに自己退しろと圧力をかけられているというのは穿った見方でしょうか。
 かといって、いまさら転職は年齢的にもう不可能。となると、サラリーマンに徹する以外ありません。ネタ元もネットワークも持ち合わせていない新分野なので、皮膚科や美容整形の医師をはじめ美容師、エステティシャン、メイキャップアーティスト、ネーリスト、化粧品メーカーの広報、はたまた美容に熱心な一般女性らと関係を構築すべく多忙を極める今日このごろです。(しんぼー)
 
 
 

テーマ:中高年の転職 - ジャンル:就職・お仕事