FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
偏食と人間関係
 最近なぜか立て続けに強度の偏食家に出会っています。その人たちはイスラムやヒンズーの信者でも、修行中の僧侶でもありません。また、特定の食物に蕁麻疹が出たり嘔吐したりといったアレルギー体質でもないそうです。となると、単に好き嫌いということになるわけですが、食べないものが豚やジビエだけでなく肉全般だったり、生でなくてもとにかく魚介類だったり、はたまた唐辛子やニンニク、わさびなど香辛料と広範囲に亘り、逆に食べられるモノを挙げる方が早そうな人たちです。
 小生はというと、北海道から沖縄、海外でも30カ国くらいで地のモノを食べてきましたが、それぞれ個性があり、それぞれ美味しいと思うのです。たとえ、最初は辛過ぎるとか、甘ったるいとか感じても、自分の身体がそこの気候風土に馴染んで来ると、その土地の料理が美味しく思えて来るのです。唯一ゴメンナサイ、韓国の郷土料理でエイを人糞?で発酵させた『ホンオフェ』という料理は苦手です。小生にはあのアンモニア臭が内戦中のカンボジアで食べざるを得なかった腐った豚まんを思い出させ、未だ美味しさが分からないのです。しかし、最近出会った人たちのように、あれもこれも食べないとなると人生の大きな楽しみを知らない、かわいそうな人たちだなと思ってしまいます。ただ、好きだった食物なのにある日突然アレルギー反応を起こすようになって食べられなくなったのとは違い、ご本人たちは幼少の頃からずっと偏食家なので、食べられた頃の自分と比較のしようもなく、食べられないから不幸だと思っているフシはありません。
 途上国なら来る日も来る日も米か芋かトウモロコシなどの主食がほとんどで、味気がないので漬け物の類や香辛料を摘み、おかずと言えば小魚や鶏が少量付く程度です。つまり、好き嫌いを言うほどの選択肢がありません。そうした地域では公衆衛生や保健の知識が普及していないこともありますが、栄養の不足や偏りから乳幼児の死亡率が高かったり、平均寿命が短かったりしています。
 結局、思うのですが、日本はワガママのような好き嫌いを言えるほど豊かなのです。世界中の食材や料理をはじめ、栄養剤やサプリメントまでいろいろと代替えがあります。それでも、人と人が親しくなる最も簡便な手段は一緒に食事することであることは古今東西普遍的なことです。ところが、偏食家の人たちをもてなそうとしてもご馳走することは禁忌事項になります。他方、殆どの人が美味しいというものを嫌いと言って手も着けない人と会食しても楽しくありません。偏食家は人間関係に於いても、どれだけ損しているのだろうかと、ちょっと気になっています。(しんぼー)
  
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

歳を取れば管理職?
 年齢が上がると誰もが管理職になる日本の会社組織にいて、社内でも歌手と付き人、或いは作家と担当編集者のようなクリエーターとマネージャーの関係は不可能なものかと考えています。というのも、マネージメントというのは一つの職種で年齢とは関係ないと思うからです。もちろん、ほかの専門職と同様に、管理するにも知識や経験が多くなるほど、より目配り気配りができ、突発的な危機にも狼狽せず的確な判断を下せるようになる筈です。だから、そんな有能な管理職になるためにも若い頃からずっと管理部門で働く人がいて良いと思うのです。
 職業に貴賤なしと言うように、この場合も管理職イコール“偉いさん”ではありません。仕事全体の進行や労務、財務、法務を管理する能力に対して、企画を立てたり、設計図を描いたり、構成を考えたり、モノを作ったりする能力は、そもそも相反するくらい違うものだと小生は見ています。近年、管理だけする会社やアウトソーシングを専門にする会社もあります。しかし、そうでない場合は、どちらも不可欠なので、そこで上下や報酬に差をつけなくても良いと考えます。
 一人の人間が時期的にずれてはいても、その両方をすると、如才なく出来るようにはなっても、自主規制してしまい、なかなか光るアイデアや思い切った仕事はできなくなってしまうように思います。なので、社内でも年齢を重ねたから管理職にというのではなく、適材適所で若い頃からずっと管理部門の社員、逆に定年まで現場や制作に携わっている社員がいる方が、活き活きとした元気のある会社になるのではないかと思うのです。
 ただ、定年まで数年となり、小生も若い頃のように体力と根気が続かなくなってきたのを実感します。小生が社会人になった33年前、管理職に就いていた大先輩たちは今の小生の年齢。しかし、時代は変わったもので、今や10歳以上若い人が管理職になっていて、羨ましくも思います。その反面、小生のように根は生涯第一線で働きたい向きには、それが可能になる時代がすぐそこに来ているのではとわくわくします。となると、ますます体力と気力の維持に励まないといけません。(しんぼー)