プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
「千年猛暑」と騒ぐ中で
 現在、手元の温度計は34.2度。他に誰もいない部屋なので、下着一枚で扇風機に当たりながらこのブログを書いています。今夏は2010年より暑くなりそうだとか。熱中症で何十人と救急搬送されたニュースだとか、熱中症対策グッズの宣伝も喧しいですが、そんなことより、これだけの情報化社会なのに、熱帯の国々の“生活の知恵”をどうして倣わないのか不思議でならない思いでいます。
 夏は熱帯に負けないくらい暑くなる日本なのに、環境に順応すべく育つ子どもを冷房の中で育てるものですから、寒冷地の人のように汗腺が少ない大人が多くなっているようです。これだと身体の水冷ラジエーターが生涯あまり働かなくなってしまい、暑さに弱いヒトになってしまいます。日本の夏に湯のシャワーや熱い湯船につかって、冷房を効かせた部屋で熱々の料理を食べるなど、自然に逆らいまくっているのですが、そういうエネルギーの無駄遣いをする贅沢を好む人が少なくないようです。
 小生がライフワークにしている東南アジアでは、このくらいの暑さは日常茶飯事。現地の人たちは、暑いので水浴びに湯は使いません。加えて、1日最低2回は水浴びします。汗腺も日本人より多いでしょうが、その上スパイシーな料理で発汗を促し、同時に食欲を刺激して日本でいうところの「食べられずに夏バテ」というのもありません。夜はタイルの床にゴザを敷いたり、硬木製のベッドで寝るのですが、それ自体がほてった体の熱を奪ってくれて冷んやり。さらに蚊帳を吊るので自然の風も心地良いものです。
 さて、小生もそろそろ水のシャワーを浴び、タイ製のクーリングパウダーを叩き、生姜とニンニク、唐辛子を使った夏野菜カレーでも作って食べ、もう一度水のシャワーで身体を冷やしてから、布団を敷かず床の上で寝るとします。こうすると夏でも電気代は4000円以下、原発が再稼働しなくても電力は十分足ります。良いことづくめ、皆さんも試してみませんか?(しんぼー)
スポンサーサイト
現代の貧困
 このテーマの本はけっこう出ていますが、小生も最近ひしひしと感じていることがあります。二極化が進む中、貧しい人も富める人もそれなりの暮らしをしなくなって来ているという点が「現代の貧困」を増幅しているように思います。富の分配や平等な社会は永遠に目指すべきですが、今すぐ個人でも変えられるライフスタイルが気になっているのです。
 実は小生、子どもの頃は全国的にも有名な高級住宅地に住んでいました。小学校のクラスメイトの家に遊びに行くと、白いペンキが塗られたテラスに手入れされた一面の芝や、門から母屋へ歩く庭には小川や茶室があったりとか、桁違いの金持ちを目の当たりにしました。しかし、それがさり気ないのです。クラスメイトやその父母が身に着けているものは、子どもの目にも良いものとは判りましたが、流行を追うわけでもなく、重厚な家具調度と同様に長年大切に使っている感じがしたものです。新しいモノを他人より先に買って悦に入っている様子などはなく、これぞ裕福な人たちなんだと思ったものです。後に留学したイギリスでは、ビクトリア朝に建てられた住宅に住み続け、ガーデニングなどを楽しむ市民にどこかその価値観の原点のようなものを感じもしました。
 ところが、現代の日本の金持ちは住居や家具家電、身に着けるモノのどれもが流行や宣伝に乗せられているようで、あまり長持ちしそうにないものや直ぐに飽きが来そうなものに囲まれて生活しています。見ている方が恥ずかしくなるチグハグな成金趣味もあります。小生の父母は共稼ぎで、書斎があるようなインテリの家でもなかったのですが、4、50年前の庶民は、身の丈に合ったそれなりの暮らしをしていたように思うのです。所得に合わせた生活水準で、住宅や教育資金のためにローンを組むことはあっても、今のように遊興費がないからと借金するのはタブーという感覚がもっと強かったように思います。もちろん当時も博打や女性で身上をつぶす人はいましたが、ここでいう遊興費というのは、収入に見合わない住居や家電、過度な冷暖房、新しく排気量の大きな車、外食や買い食い、タクシーの利用、服飾、美容、高価なペット、旅行など、基本的な生活に必須でないものにかけるカネという意味です。こうした贅沢品は持っているのだけれども、基本的生活に穴が空いている状態が、正に現代日本の貧困だと小生は思うのです。
 質素に倹約生活をしていても、やり甲斐を持てる仕事があるならば、或いは、読書や音楽、美術、スポーツなどカネのかからない趣味に打ち込めば、けっこう楽しく暮らして行けるのではないでしょうか。しかし、今は上記のようなカネのかかる贅沢をしないと楽しくないという刹那的な価値観の人が相対的に増えているのではないかと感じるのです。楽しむために貯金せず借金までしていると、物心両面で貧困が悪循環し、子々孫々に連鎖して行くケースも見受けられます。文化の疲弊?途上国に限らず抜本的な貧困解消には、遠回りのようでも教育が最も効果的で有意義というのが定説となっています。しかし、その教育も暗記や受験テクニックではなく、能動的に知る喜びを体験する教育でなければ、現代の貧困は解消しないばかりか、増幅されるのではないかと危惧しています。(しんぼー)

[READ MORE...]