FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
35年乗ってきた自転車を盗られて
 先月末のある朝、出かけようとアパートの1階玄関に降りると、自転車が忽然と消えていました。扉の内側、つまり屋内だったので、油断して鍵をかけていなかったのがいけなかったのです。
 しかし、小生の自転車は35年前に買ったママチャリ。乗っていても、駐めていても目立つのに、よりにもよってなぜあんな自転車を盗るのだろうと思いました。35年乗り続けるにはチューブやタイヤはもちろん、ブレーキワイヤやサドル、そしてクランクのベアリングまで交換しています。オリジナルのまま残っているのはフレームと泥よけ、ハンドル、後輪だけです。新車を4、5台買えるくらいの金額を部品と修理に費やし、年に2、3回自動車用のワックスをかけるなど徹底的に手入れしてきたので愛着があり、何と言っても乗り慣れています。
 警察に盗難届を出しに行くと、手帳に控えていた防犯登録はとっくの昔に失効していることが判明。なんと自転車の場合は7年しか有効でないとのこと。また、車体番号を照合すると、すでに一巡して別の人が乗っている同じ番号が存在していることが判りました。それについては、職質を受けた時には見せるように、名刺サイズの「盗難車ではありません」というカードを書いてくれました。そして、警官が時価を聞くのですが、小生としてはプライスレスとしか答えようがありません。当時はまだ1万円以下の中国製などなく日本製で2万5千円くらいしましたし、維持費に関しては、部品は一括大量販売できず、倉庫代や発送費などがかかっていますし、工賃は物価の高い日本に住んでいる人のそれになるので、今や修理代が新品の半額近くしたりして、廃車にして新しいのを買う人も少なくない時代です。いくら個人的価値はあっても、この古い自転車の市場価格は500円か1000円というところ。
 それにしても、盗られた日から移動に忽ち困るし、公共交通機関の路線から逸れた所だからとタクシーを使っていてはトンデモナイ出費になります。なので、盗られたその日、35年ぶりに新しい自転車を買いました。戻って来なかった場合、今度は足腰が立たなくなるまで乗るでしょうから、そこそこ上等な自転車を買いました。すると、10日ほど経ったある日、修理に出していた自転車屋の人が近くのマンションに駐められている小生の愛車を見つけてくれました。そして、警察に見つかったと報告すると、他の事案で忙しいからと容疑者検挙はせず、手続きだけ。地域の治安を左右するという「割れ窓理論」も景気や行政サービスの向上など他の要素の影響でアテにならないという説もあることですし、戻ってきただけよしと。新古車は半額で自転車屋に引き取ってもらい、再び年代物の自転車で走っています。(しんぼー)

スポンサーサイト
パソコンに支配される日々
 アナログからデジタルへの移行は、写真や映像を扱っている小生にとっては機材や材料などの経費が格段に安くなり、暗室処理や編集にかかっていた時間も大幅に短縮され、手作り感さえ問わなければ、良いこと尽くめだと思っていました。しかし、パソコンの“進化”には全く閉口しています。というのは、オペレーティングシステム、OSが近々サポート切れとなり、別の会社が作っているアプリケーションも使えなくなるとかで、やりたくなかったのですが、マシンともどもOSを更新したからです。
 気がつけば、字を書いたり計算するのは当然、写真や映像の整理や編集のほか、ホームページやブログ、講演の際のスライド、調べもの、本や音楽や機材などの買い物、オークションでの機材の下取り、スケジュール管理、そして連絡や情報のやりとりも全てパソコンでやっています。というか、周囲の環境がそうなってしまったので、やらされているというのが本当のところです。もう誰も原稿用紙に鉛筆やペンで書いたり、暗室に入って現像やプリントする人はいません。そんなアナログ時代は郵便が届くまでとか、干したフィルムが乾くまでとか、作業は休み休みで、考える暇というものがありました。
 こうした何から何までパソコンどっぷりな日々を送っているので、マシンを乗り替えるからと、そのあいだ仕事や用事が滞っては後が大変なことになります。なので、新しいマシンの立ち上げはデータの移行を含めて業者に依頼しました。小生がパソコンを使い始めた25年くらい前と比べると、夢のような高スペックのマシンが驚くほど廉価になっていますが、そうした業者への技術サポート料もあって、結局けっこうな出費となりました。
 個人的にはOSは前のバージョンで何の不自由もありませんでした。すでに動画でも即座にやりとりできていて、アイデアや文章が思い浮かぶ前にどんどん仕事が来て、或いは、あまり考える必要のない仕事なら今度は入力する指が追いつかずにテニス肘になったり、頭も身体もパソコンに追い立てられている状態でした。新OSは立ち上がりやインターネットの表示が早くなり、重いデータを扱っていてもサクサク動きます。お陰で仕事の密度は高まる一方、半強制的に買い換えさせられた新OSに慣れるまではまた四苦八苦することになります。まるで道具に支配されているようで、正直これ以上パソコンは便利になって欲しくない思いです。(しんぼー)