プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
感じる逆風
 政府間の賠償や条約では済まない従軍慰安婦問題についてのNHK会長の言質を各マスコミが取り上げています。本人が「個人の意見」と言っているので、正にそのままなのですが、商社マンを言論機関のトップに据えるというのは、根本にある志の部分でいかがなものでしょうか。まぁ、メディアも営利企業ということで、屋台骨の経営が大事ということなら、まだしも分からないこともないですが、今回は政権中枢の肝いり人事とか。
 代議士はしばしば失言を繰り返していますが、公人でなくても公の場での発言には気を遣うもので、そもそも「失言」など有り得ず、化けの皮が剥がれ本性を現しているのだと見ています。或いは、百歩譲って、思っていても口にしてはならない意見に同調する人たちを、「失言」をチャンスにサポーターとしようという確信犯のようにも思えます。 
 小生はフリーランス時代、稿料をもらいながら内部を取材できるということで、某政党の機関誌で執筆と編集のアルバイトをしたことがあります。当時はシンパを増やし、支持層を拡げるためにと、ライバル政党が訴える社会問題にも理解を示し、対処する用意があることを具体的に扱っていました。つまり、発信に対するリアクションを巧妙に計算していました。
 しかし、今回の騒ぎは、その辺りの計算が全くないどころか、国内だけでなく国際的にも火に油を注ぐ格好となっています。いや、そうではなくて、先日からの特定秘密保護法や靖国参拝、積極的平和主義の強気の打ち出しも、景気浮揚政策を歓迎する企業や国民が多いことに独善的になっているようで、会長発言もタカ派の揺さぶりではないのかと一方で感じています。我々ジャーナリストがもっと奮闘しなければならない時代なのですが、結果的にでも経済を減速させそうな論調はスポンサーだけでなく、受け手も敬遠するという逆風のなか、少なくとも小生の立ち位置からは、間合いを外した変化球で反撃するしかなさそうです。(しんぼー)
スポンサーサイト

テーマ:思想統制 - ジャンル:政治・経済

阪神大震災19年に思う
 年が明けて暫くすると、毎年この日がやって来ます。19年前の今日、当時東京でフリーランスをやっていた小生は、朝のテレビニュースに即阪神入りを決断。カメラバッグを担いで羽田空港へ急行、徳島行きに飛び乗り、徳島空港からはタクシーで鳴門大橋を渡って、先ずは淡路島の震源地を取材。午後3時頃には空爆に遭ったかのように黒煙が何条も上がる神戸市長田区を右手に見ながら、渡船で明石へ。明石の商店街で自転車を買ってからは、被害が大きかった地域を次々と周り、それから2週間くらいぶっ通しで取材していました。
  長田区ではどんどん延焼する火事を前に、消防隊員らが断水で為す術もなく呆然と立ち尽くしていました。東灘区では電柱などが倒れた路地に重機が入れず、周辺住民がほぼ素手で倒壊家屋からようやく救出した時、遺体はまだ温かかったという現場にも立ち会いました。灘区では歩道にずらっと並べられた遺体に布団が掛けられていたのを撮影すると、持って行き場のない無念さで頭がいっぱいだった遺族に、「他人の災難が面白いのか!」と鼻を骨折するほど殴られもしました。
 当然きょうの新聞テレビは「1・17のつどい」や遺族のその後などを大きく伝えています。こうした式典などが行われているのも、犠牲者を追悼するほか、教訓を語り継いで防災意識を高めて行くためです。なので、当時はまだ子どもだった記者やディレクターが遺族らの掘り起こしなども含めて取材・報道することは、正に教訓の継承そのものであり、大変意義があることです。
 しかし、もはやフリーランスではなく、勤め人の身である小生はこの日のために阪神間へ取材に行くことは出来ません。生まれ育ちは芦屋市、学生の頃は神戸市でアルバイトをし、震災前には神戸支局勤務の経験もあるだけに、阪神間は小生にとっては庭のようなところです。こうした自然災害だけでなく、大きな事件事故もそうですが、当時をリアルタイムで取材した経験は今の記事や映像に反映できるのだがと隔靴掻痒の感が拭えません。(しんぼー)