FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
スポーツ報道に思うこと
 バレーボールのオリンピック出場をかけた日本VSタイが先日あり、去年はサッカーWC予選で日本VSカンボジアの試合がありました。どちらも、日本の辛勝、相手チームの予想以上の健闘でした。しかし、試合内容や記録、生い立ちや環境といった背景に関わらず、日本代表チームや地元球団、人気がある選手だけを大きく取り上げ、民族や地域、国威の発揚を目指す傾向が年々強くなってきています。FIFApass 
 小生も90年代半ばまでは、プロ・社会人・高校野球をはじめ、ラグビーやバレーボール、サッカー、相撲など、また、国体やユニバーシアードなどのスポーツイベントも取材していました。当時はライバル社が主催する大会でも取材したり、人気がない種目やアマチュアの試合ももっと取り上げていたように思います。また一方で、生い立ちや練習環境に恵まれていない選手やチームのハングリーな健闘は探し出してでも報道していたように記憶しています。
 ライフワークで東南アジアをフィールドとしている小生の感覚がずれていることは承知の上ですが、タイやカンボジアなど東南アジア勢がここまで強くなって来たということの方が、日本が彼らに勝ったことより、目新しい大きな変化であり、もっと報道に値するニュースではないでしょうか。
 ただ、ニュースにも政治や経済、国際、家庭、学芸、科学といろいろな分野がありますが、当時からスポーツと芸能には他の分野と異質なモノを感じていました。スポーツ紙とテレビ局はすでにエリアの最大公約数に娯楽を提供するために取材・編集していましたし、その影響を少なからず受けていたからです。ニュースは娯楽のように儲からないという経済原則がベースにありますが、その流れがいよいよ先鋭化し、スポーツ選手や試合、大会の商品化をどんどん推し進め、こんな時代になったのだと思っています。(しんぼー)

[READ MORE...]
スポンサーサイト
歩数計を着ける生活
 歩数計を身に着けると、約3割の人が着ける前より一日平均2千歩多く歩くようになる。こんなデータがありました。風呂上がりなどに体重計に乗れば減量できたり、家計簿を毎日つけると倹約できたりするのと、まずは意識するという点で同じ効果だと思います。yamaboshi
 小生も今、歩数計をベルトに付け歩いて通勤をしています。写真はその通勤路に咲いているヤマボウシ。犬も歩けば棒に当たるとか、記者時代には言われましたが、徒歩通勤ならではの遭遇です。白い花びらのような部分は、その中心に見える小さな花を包んでいた苞葉。気候は違いますが、タイなどで良く見かけるブーゲンビリアの赤紫の部分と同じだと感心しながら、携帯で撮影しました。緑に白が襟のように映え、素直にきれいと思う反面、コンパニオンの制服みたいで服にはダメかとかも。
 かといって、車もカーシェアでしばしば利用しています。レンタカー店は数が少なく遠くても、シェアできる車は拙宅から1分の駐車場にあり、24時間いつでも15分単位で借りられ、自家用車を所有するより格段に経済的。また、数キロ以内で急ぐ時は、自転車にも乗っています。なので、頑なになっているのではなく、合理的に使い分けているつもりです。
 車より、自転車よりも移動時間がかかるのに歩き、外食と違って買い物や在庫管理、洗い物などに時間を取られる自炊をし、加えて、週1回は2時間ジムで運動しているのは、好き好んでではなく、健康のため。時間がもったいないと感じることもありますが、来月は勤務先の出張が2本、立て続けに入りました。健康と体力に自信がなければ、機材を運んで行って、カメラを肩に連日走り回るような仕事は請けられません。ハードスケジュールの出張に際し、やはりこうしていて良かったなと思っています。(しんぼー)