FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
出張は疲れる?
 周囲の人からよく、出張中や出張後に「疲れない?」、「疲れたでしょう?」と労われることが多くなりました。年齢のせいなのでしょうか。しかし、本人は出張中の方が平素より楽なので、いつも答えに窮し、テキトーな言葉を返しています。mybaggage
 これは年齢と関係なく、実は以前からそう思っているのです。まず出張中は一つのことに集中でき、煩雑な思いはせずに済みます。確かに、携帯電話やメールの発達で、受けている場所によってはトンチンカンな連絡が容赦なく入って来る時代にはなりましたが、持参しているノーパソと電話で対処できないことには諦めがつきます。次に、原則三食とも上げ膳据え膳で買い物や調理・洗い物の手間はなく、外食も毎回同じ店ではないので飽きることもありません。荷物や経費を減らすために毎夜手で洗濯するのが出張中の日課にはなっていますが、部屋の掃除やタオルの替え、トイレペや石けんの補充などもホテル側がやってくれます。
 確かに某国へ行った時は、宗教上の理由と気候風土に対してインフラの未整備から、食事は完全なベジタリアンでメニューには選択の余地がほとんどなく、息抜きするにもアルコールは御法度。屋外は埃っぽいのに、シャワーはバケツ一杯の水で済ませなければならなかったり、トイレは道ばただったりと。さすがに、あの出張は疲れなかったと言えば嘘になりますが、「疲れたでしょう?」はそんな極地でなくても、よく言われるのです。
 ホームグラウンドにいると、出張中にはできない、或いは、する必要がない家事のほか、仕事以外の人付き合いや趣味や娯楽があります。それに何と言っても、複数の仕事を上手くバッティングさせないようこなして行くのに疲れます。まぁ今月で定年までキッカリ残り1年となりました。こんなことをほざいているのも、あと少しの間です。(しんぼー)
 
スポンサーサイト