プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
デジタルの功罪 ~限られる仕事の行方~
 いやはや1週間ほどの間に、デスクトップとノートそれぞれのパソコン、それにビデオカメラが故障しました。今夏は異常に暑く、パソコンには常に扇風機で風を送り、カメラにかかる汗はその都度拭っていましたが、小生の仕事部屋も連日35度。デジタル機器とはいえ、過去数年は問題なく使えていた3台がほぼ同時に壊れ、酷暑が原因とは特定できませんが、自然に畏敬の念を感じそうになったり、運勢のようなものまで疑いたくなる災難です。trouble_pc 
  小生が社会人になった頃は、紙と鉛筆、フィルムカメラで仕事をしていました。辞書を引いたり、過去の記事を見たり、現像したり、伝送したり、編集したり、複製を作ったり、道具は使っても全てアナログ式で勘がモノを言う手作業でした。しかし、気がつけば、いまその全てをパソコンに取って代わられています。確かにコツを覚えたりする時間は要らず、いきなり能率が良くなり、そのコンピュータやデジタルカメラも個人で持てるくらい安価になりましたが、こうしてひとたび壊れると、過去のモノは見られなくなり、先に進むこともできず、完全に仕事がストップしてしまいます。道具を使うのではなく、正に道具に使われています。それでも、自他共に環境がすっかり変わってしまっているので、手に覚えがあるからとて、アナログに戻ることは不可能です。
 メーカーの修理担当に電話すると自動応答。選択肢を選んで行くと、その修理の見積もり額を合成音声で答えるといった具合で時代を感じずにはおれません。部品を丸ごと替える修理なので簡単に見積もり額が出るのですが、その金額の7割方は技術料という人件費です。かといって、あくまでも部品を替える作業であって、部品を直すことはありません。大量生産される部品が、人件費より格段に安くなっているからですが、この流れで行くと、いよいよコンピューターとロボットに仕事を取られてしまいそうな危機感を覚えます。繰り返しの多い単純作業だけではありません。状況判断が必要でも、その状況がデータ化されていればコンピュータが冷静な判断を下せる仕事。一見クリエイティブに見えても、一定の法則で位置や順序を入れ替えているだけの仕事。こんな仕事は既に大分なくなって来ています。
 今回、デジタル機器が立て続けに故障し、改めて考えさせられています。コンピュータとロボット、ソフトウェアの開発者以外の求人といえば、飲食業だけではなく、どんな畑であろうが、接客業の要素が多分に入っている職になっています。今の若い人たちはフェーストゥフェースの仕事を敬遠する傾向があるとは聞いていますが、これからもこの傾向はどんどん強まることだろうと。サービスはもちろん品物でも、やはりコンピュータやロボットにできない、できたとしても、クライアントが付随的に感情を伴った人間関係を求める仕事しか残らないのではないか。利益を上げるための能率向上や省力化が極まり、限られた仕事しかない時代になっても、その利益を分配して食えれば良いのでしょうか。(しんぼー)
  

スポンサーサイト