FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
出張に際して
  期間を提示して予定を入れずに待っていたのですが、先方からの日時指定が2日前だったため、急な出張となりました。自主取材ではなく、勤務先の仕事です。Eメールや電話では済まない留守中の手当てをバタバタとし、直前購入のエアーチケットは少々高くつきましたが、恙無く現地入りしています。目的の会議は今後の展開に大いに関わり重要なのですが、それ以外に今回現地で片付けられる仕事がないのと、日本で別件の予定が迫っているので、1泊1機中泊のトンボ返り。
hotel_phnompenh   こんな日々に思うのですが、ここ数年“需要を喚起する”仕事の割合が増えていると。以前は既存の需要に対して、より上質でより経済的な労働や成果物を提供することにずっと努力して来て、それで収入を得てきました。しかし、いつの間にか需要そのもの、換言すればスポンサー探しとでもいうのでしょうか、原資の確保に関与しています。以前もこれからも役に立ったり、魅力があったりする企画を挙げ、それを形にしていくことに尽力するのは当然だと思います。また、第三者が需要喚起しているのを取材することは吝かではありません。しかし、こうした仕事に自ら手を染めるのは、どうもシックリ来ないのです。事の起こりや変化に自分自身が関与していては、マッチポンプに他ならないと思うからです。他方、根回しや交渉ばかりに時間を取られ、取材や編集など本業から遠ざかってしまっています。考えが古いのかと自問自答してもいますが、待っていて起こる事を取材したり、掘り下げたりするだけでは、商業メディアとしては不十分だからこそ、今回も出張となったのだと推察しています。
  その理由は、鶏と卵のようにどちらが先とも言えませんが、まず営業・事業と取材・編集の部署が以前ははっきりと分かれていて、拮抗しながらも両立していました。しかし、近年はその境目がなくなり、利益が出るという方向で統合されたように感じます。その背景には、インターネットの発達があります。広汎な、或いは専門的、ニッチな情報はインターネットで得る人が増え、既存メディアはインターネット対策としても、物量にモノを言わせて一局集中がますます顕著になっています。また、間接直接に自分の日常にも影響して来ることであっても、関心を持たない、関心を持ちたくない人が多数の“とりあえず安定した世”だったりということかと。さらには、その中で現場の実務は若い人たちや、年齢を問わず現代的な価値観を持った人たちで足りているという現実もありそうです。
  定年まで8ヶ月。何か仕事を見つけて、年金が出始めるまでは収入を得なければならないわけですが、改めて自分の立ち位置を見据えようとすると、もはや居場所がないようにも思えます。良くできたもので、だからこそ定年なのかとも思っています。さて、会議に行って来ます。(しんぼー) 

スポンサーサイト