FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
「暮らしやすさ」 ~ゴミ当番の月に~
 PTAの役員が自校の児童を殺害するという事件が起きました。学校に限らず、町内会の役員や小さな自治体の議員など地域のボランティア的な仕事を引き受ける人が全国的に少なくなっています。数少ない篤志家か、志がなければ、そこに公共ではなく自分の利益を期待する人しか手を挙げない状況です。今回の事件もそうした背景を否定できず、子育てをはじめ、少子高齢、防犯、過疎などの社会問題の根底に、いつも地域コミュニティの希薄さや崩壊が挙げられています。com_lock 
 小生も様々な局面でこの問題を取り上げてきましたが、ここへ来て個人として賃貸で入居しているマンションで、今月ゴミ当番が回って来たのです。可燃ゴミ回収日の週2回と不燃ゴミの月2回、決められた曜日の一定の時間帯にゴミ置き場の扉を解錠するのが当番の役割です。街の美化だけでなく、地域が荒れないよう防犯にも繋がり、至っては町内コミュニティを維持する一つの活動であることは理解しています。しかし、小生のような一人住まい、或いは共稼ぎ世帯にとって、その日時が勤務時間と重なったり、出張で帰宅できなかったりすることは少なくありません。小生の場合は、当番の仕事ができない日にゴミ当番を代行してもらうべく、便利屋と1ヶ月間の契約を結びました。
 二、三世代同居ならば、一家揃って旅行に行ったりすることがなければ、ゴミ当番も家族の誰かが果たせます。そうではない独居や核家族、共稼ぎというライフスタイルは経済を優先した帰結であることが殆どです。それでも、個人も地域も窮極の目標は同じで、「暮らしやすさ」の筈なのですが、それを感じるところや、優先順位の違いから個人同士、個人と地域の間でなかなか協調できず、拮抗さえしています。自給自足の部分など殆どない貨幣経済の真っ直中で暮らしていると、どうしても収入を得ることが第一義となっています。衣食住すべてカネで買っていて、人付き合いや趣味、娯楽にまでカネが要ります。タイトな地域コミュニティがあれば、物々交換したり、労働で助け合ったり、仲間で遊んだりして現金収入は少なくても暮らせます。しかし、そのためには日頃からひとり一人が互いに地域コミュニティに時間や労力を注いでいなければ成立しません。
 同時代の渦中にいる個人としては実際、便利屋に依頼するといったその場しのぎの方策しかとれていません。「暮らしやすさ」は誰もが求めていることだとすれば、交通と通信の発達によって、住んでいる地域と経済・社会活動している地域が大きく異なっている人が多いという点が、この問題における元凶?こう思うと、どうしようもなく、もう堂々巡りです。(しんぼー)
 

スポンサーサイト