FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
トンデモナイ国
 ユネスコ無形文化遺産に昨年末登録された博多祇園山笠のフィナーレ、追い山に勤務先の仕事で行って来ました。日本の伝統文化が世界に認知され、祭りは一層盛大に執り行われました。しかし、一方では政権トップにべったりの御用記者が犯したレイプ事件を揉み消したり、防衛大臣が自衛隊を自分が所属する政党の軍と認識している発言をしたり、トンデモナイことが起こっています。小生は内政ではなく、東南アジアをライフワークとして来ましたが、その理由の一つは海外情勢を知ることで複眼を持つことができ、自国がよく見えてくるからです。
 権力や資本が身内の悪事や事件を揉み消すことは、正規の給料だけでは喰っていけない貧しい国では日常茶飯事にあり得ます。なぜなら、法も警察も検察も裁判所も税務署も名ばかりで、生活費に占める“袖の下”が大きく、権力に擦り寄って“上納金”を納めていれば安泰ですから。
 また、多党制民主主義の国で、軍が政党に属しているならば、それは国軍ではなく一政党の軍です。となると、第二党をはじめ野党もそれぞれ自軍を持っていたり、地域に民兵がいたり、軍自体が一つの政治勢力であったりしてもオカシクありません。一党独裁の国でその党が軍を持っている場合は自国民に対する武力による威嚇や弾圧があり、政党が複数ある国で各党が軍を持っているならば簡単に内戦になり、軍が政治勢力なら軍事クーデターも起きます。
 それでも途上国や中進国では、政権に対して国民が時には命を張ってでも抗議のゼネストやデモを起こし、メディアも存亡を賭けて闘います。そうした国々と比べれば、日本は豊かで貧富の差も小さく、長年安定してきたからでしょう、デモどころか世論すら盛り上がりませんし、メディアも自主規制しています。数カ国の変節を取材してきた小生の眼には、今この国は民主主義国家ではなく、三権が分立しておらず、第四の権力と呼ばれるメディアもないといった状況に見え、海外からもそんな国に見られている筈だと思うのです。(しんぼー)


スポンサーサイト