プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
25年ぶりの帰郷
 福岡市にある放送局を定年退職し、故郷の兵庫県芦屋市へ引き揚げて来ました。小生が関東や九州で暮らしていた25年の間に、この地方では阪神淡路大震災と被災地からの復興がありました。170909ashiya 
 震災発生当時、小生は東京で週刊誌の仕事をしていて、朝のTVニュースを見るや否や、羽田から徳島経由で当日昼には被災地へ入っていました。鳴門大橋で淡路島へ、同島の震源地を取材し、渡船で明石海峡を渡ると商店街で自転車を買い、土地勘を活かして被害状況や避難した人たちを東へ西へと2週間ぶっ通しで取材して回りました。
 家々は東日本大震災に襲われた東北では津波が到達しない高台へ、記録的豪雨に見舞われた九州では山崩れが起きない平地へ移されつつあります。阪神間では瓦屋根の日本家屋や商店、民家が軒を連ねる密集地は殆どなくなり、道路は拡張されて区画まで変わっています。あれだけの被害から復興したわけですから、再開発された街に震災前の面影を見つけるのは難しく、人々も入れ替わっているのは無理もありません。35歳まで暮らした地域にも関わらず、まるで初めて訪れた出張先のようです。
 再び激甚災害に遭っても被害を小さく抑えられるようにと防災都市に生まれ変わった街。亡くなった人や引っ越して行った人も少なくありません。そもそも小生が故郷を離れて各地に住んだのも、そこにあった仕事を求めてのことでした。安心安全と豊かで安定した生活を求めてきた年月の帰結なのですが、今は懐かしさより、一抹の寂しさを感じずにはおれません。(しんぼー) 


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術