プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
世界遺産がある街で
 ドローン操縦士の養成学校で5ヵ日のコースを終えて帰路に着こうとした時、秋雨前線と台風接近の狭間のわずか1時間くらいのことですが、姫路城に陽光が射しました(写真)。「ドローンと姫路城」と言えば去年の9月と11月、それぞれ無許可で飛ばしていたドローンが城に衝突した事故が全国ニュースになり、ご記憶の方も多いかと思います。 世界遺産を一目見ようと海外からも押し寄せる観光客の中には、白鷺城の雄姿を空撮したいと思う人も少なくないのですが、ドローン飛行のルールはまだまだ周知されていません。
 今回学校で座学と実技の授業を受けてつくづく思いました。やはり関係法令や許可申請法を知り、一定の操縦技術を身に着け、保険をかけてからでないと、ドローンは飛ばすのは大変危険なことだと。本格的なドローンは重さが1.2キログラム以上あり、時速50キロ以上で飛ばすことも出来ます。コントロールできなくなって墜落させれば、死傷者を出したり、器物を損壊する可能性は大きく、数十万円する機体も一瞬にしておシャカになります。
 ところが、現行モデルのドローンはGPSや各種センサーが完備されていて、全くの初心者でも機体を安定させられ、きれいに着陸させられます。加えて、バッテリー残量を計算して自ら離陸地点へ戻って来たり、障害物を感知して自動的に避けたりと至れり尽くせりです。こうした自動操縦の先進テクノロジーが、ドローンを写真や映像の空撮のみならず、建造物の検査や測量、農業、運輸などの多分野へ爆発的に普及させていると言えます。
 しかし、ヘリコプターのパイロットや、趣味でラジコンヘリを飛ばしてきた人でない限り、三次元を自由自在に飛ぶドローンをマニュアルで操縦することは決して簡単ではないということも今回実感しました。ちなみに、マニュアル操縦は操縦士の資格取得条件なので、学校は敢えて旧式のマニュアル機で訓練させます。指先のほんの少しの動きで機体は上下左右前後に大きく動き、風向きや風速はもちろん、電波に影響を与える鉄製の柱なども計算に入れなければならず、何よりも操縦者自身が機体に乗っているわけではないので向きを変えた時に正しい方向感覚を維持するのは至難の業です。それでも周囲の建造物や地形、気象条件などの影響で自動操縦を司るGPSや手元へ映像を送っている電波が切れた時には、機体を遠くから見上げてマニュアルで操縦しなければなりません。それはひとえに事故を回避するために他なりません。
 ドローン操縦士協会(DPA)の「ドローン操縦士回転翼三級」という資格を60歳にして取得しましたが、水泳や自転車、車の運転と違ってドローン操縦の感覚はすぐに落ちてしまうとのこと。朝に晩にとPCモニターにフライトシミュレーターを開いては慣熟飛行の日々。ゲーム世代の若者は楽しみながらメキメキ腕を上げるのでしょうが、時代についていくのも大変です。(しんぼー)
 

スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

突発性難聴とドローン
 墓参の帰りに立ち寄った大阪なんばの高層ビルで、今年は異常繁殖と報道されていたカメムシを発見。はてさて、定年退職して2か月余りが過ぎ、引っ越しの片付けや身辺整理が済むと、することがありません。仕事を生き甲斐に37年間働いてきた人間にとって“毎日が日曜日”というのはなかなか堪えがたいものです。そのストレスからか、先日目覚めると右耳に前夜はなかった詰耳感があり、シャーと一定のボリュームでの耳鳴りも。もしやと耳鼻咽喉科を受診すると、やはり突発性難聴。幸い適切な処方があって3日後には全快しました。kamemushi 
 もちろん仕事は探していますが、年齢で門前払い状態。少子高齢社会で労働力不足の今世、中高年にも仕事があって良さそうなものですが、これまでの経験を活かせる仕事は今のところありません。仕事に求めるのは、もはや高給や安定、福利厚生などではなく、生き甲斐。贅沢な悩みかも知れませんが、自己存立を求められない仕事なら、やっても意味がないように思えてしまうのです。
 かといって、手を拱いていても仕方がないので、新たなチャレンジをすることに。小生は30代半ばまで毎月のようにヘリや軽飛行機から空撮をし、周囲からも空撮が上手いと言われていました。そこで、いま大流行のドローンの操縦や法規を習得することにしました。以前は空からのカットが欲しくても、最低10万円くらい割けなければ空撮は諦めざるを得ませんでした。しかし、ドローンの出現で空撮は手軽になっています。但し、日本アルプスなどの高高度撮影や強風を押しての被災地や海難事故などの取材、都会の夜景などは今もヘリや飛行機からでないと不可能ですが…。
 ドローンの技術と知識を習得すれば、潜水士免許は若い頃に取っていて、今も毎週ジムに通って体力を維持していますので、水陸空どこでも撮影・取材できることになります。しかしながら、何を取材するのか、そのテーマが最重要なことには何ら変わりありません。早く平素の仕事を始め、以前同様にライフワークの東南アジア取材を再開したく思っています。(しんぼー)


テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術