FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
やりたい事がみつからない!?
 写真は1905年に建てられた旧少年刑務所で、小生のアパートから自転車で10分足らずの丘の上に佇んでいます。再来年を目処にホテルなどの複合施設に生まれ変わるとのことで、様子を見に行ったのですが、工事は始まっておらず、完成予想図の看板も見かけませんでした。そんな立地のアパートに寝泊まりして、派遣ディレクターとして仕事しているのですが、そもそもこの職場は新風が吹くことや新しい血を必要としていないことが判ってきました。社員の離職率の高さ、派遣の入れ替わりの早さが何をか言わんや、です。
 居る意義がない所や歓迎されていない所にしがみつく必要はありません。しかし、ハローワークや派遣業者でも経験しましたが、60歳を超すと門前払いされることが殆どなのです。一人ひとりの気力や体力、これまでの実績など見ようともせず、単純に年齢で篩いにかけられます。少子高齢社会で人口は減少傾向にあり、ロボットやAIを導入できない業種では人手不足が深刻、大卒就職率は7年連続上昇し過去最高といった報道がウソのようです。
 一方で「もうやりたい事だけしよう」という考えもあります。ところが、「やりたい事が思い浮かばない!」と改めて気付きます。振り返れば仕事でもプライベートでも幸運で、やりたい事は殆どやり尽したようにも思います。或いは、「やりたい事」が見つかったとしても、それを実現させるために注ぐ労力と経費と、その行為の意義と自己満足度を直ぐさま天秤にかけてしまいます。すると、「やりたい事」は「やりたくない事」にいとも簡単に転ずるのです。これまでそんな転換が起こらなかったのは、社会も自分もあまり見えてなかったので結果を洞察できず、僅かな可能性に賭けるだけで楽しかったからです。
 『論語』には「五十にして天命を知る。六十にして耳順がう。七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず」とあります。しかし、小生は60歳になっても、人のことばに素直に耳を傾けることができるようになっていません。小生が未熟なのか、馬鹿なのか、天命を知るどころではありません。ウン十年ぶりに「自分探し」をしているようで、仕事でも趣味でも自分が本当にやりたい事が見つからず悩んでいます。この時代に新たに定義された『定年うつ』、延いては『老人性うつ』、他人事ではありません。(しんぼー) 


スポンサーサイト