FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
新しいリポートをアップ 
trainees_hanoi"写真:来日前に『ラジオ体操第一』を覚えた実習生たち=ハノイのタイン・ドー国際人材育成で

 『ベトナム人が見た日本 ~実習生・留学生急増の陰で』というリポートを『Yahoo News』個人サイト『東南アジアの人々』にアップしました。個人サイトの方は、3話加えて少々長くなっています。それでも割愛した話を一つ。中部の貧しい漢学者の家に生まれたというベトナム独立の父、ホーチミンは漢史の一節を引用して「1年先を考えるなら種を蒔け(中略)100年先を考えるなら人を育てよ」と人材育成の大切さを唱えました。ベトナムをはじめ東南アジアの多くの人たちが経済的豊かさを求めて、中東や欧州、そして日本へと出稼ぎに行っています。それで得たものが消費だけに終わらず、自国発展に繋がれば良いのですが。お時間の許す方は最新リポートをどうぞご覧になってください。
 さて、企画立案に始まって、リサーチ・アポ取り、国内取材、ベトナム現地取材、編集・脱稿、ネットへのアップロードと3カ月を費やしました。全て独りでやったことで、複数の作業を並行して進められずに遅くなった部分と、スタッフとのスケジュール調整や打ち合わせが不要なので早くできた部分があります。そもそも、独りでやっても大赤字ですので、アルバイトのADさんも雇えません。
 しかし、1時間番組ならさておき、こんなに時間をかけることはメディア企業内では無理。定年退職後に半ば趣味でやっているからです。取材や制作にじっくり手間暇をかけているメディア企業は、受信料で運営している某局を除くと殆どなくなってきました。インターネットの発達で洪水状態になっている文字と写真と映像と音声。そのなかに埋もれてしまい、なかなか事業としては成立しなくなっているからでしょう。
 ふと、劇場での芝居や生演奏、それに小さなスクリーンの映画館での上映が羨ましく思えることがあります。しかし、それらはコアなファンが対象。小生の場合やはり、当初の目的から「興味がない」という人たちを含めたマスを対象とはしなくては意味がありません。他にやりたいことも、また、より良い方策も浮かびませんので、今後も隔靴掻痒、このスタイルを続けて行きます。(しんぼー) 

スポンサーサイト