FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
次の取材は… 『未来に続く廃線』
地雷原を往く混合列車 写真は、地雷除け無蓋車を先頭に、内戦中のカンボジアを走る混合列車。時代は変わりましたが、次の取材は鉄道を軸とし今月25日からタイへ行ってきます。中米関係が険悪になり“新たな冷戦”というような世界情勢です。その余波で日中は接近し、日本は中国に対するODAは止めるが、第三国での開発事業を中国と協同でといった路線に舵を切ろうとしているようです。ということで、今回はその第三国の一つ、タイへ。
 取材現場は、第二次世界大戦中に日本軍が建設し、今は廃線となっている『クラ地峡鉄道』跡。そこに新線を2020年に着工したいというタイ政府の意向が見えてきました。ASEANの優等生タイは運輸でもその中心にいたいのでしょう。しかし、大きなインフラ整備は外国からの援助か投資なしには難しいのが現実です。よって、一帯一路政策を推し進める中国と、経済力やプレゼンスを急には落としたくない日本との三つ巴の開発事業になるかも知れません。
 ところで『廃線』には独特の魅力があり、書籍やウェッブサイトにも数多くの探訪記があります。しかし、このクラ地峡鉄道は、良く知られる泰緬鉄道の補助的役割として1943年末に開通しましたが、戦後すぐにレールが撤去され、残る記録も少なく、忘れ去れていた廃線と言えます。それでも、マレー半島が最も細くなっているクラ地峡は運輸交通の要所で、7世紀以降の『海のシルクロード』もここを通り、舟からゾウに荷を積み替えて横切っていたそうです。
 現代ではシーレーンやタイの工業地帯からのショートカットになることから、地政学的にも地図が描き替えられる壮大なプロジェクト。歴史を紐解きながら廃線を辿り、当事国タイを中心に中国や日本の思惑にも触れる、そんな探訪記にしようと思っています。年内には発表します。ご期待ください。(しんぼー)


スポンサーサイト