FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
新型コロナウィルス渦を傍観
コロナ渦中の卒業式 現役時代なら走り回っているところですが、記者発表や専門家のインタビューはおろか、余波に苦しむ市民の取材にも行っていません。フリーランスとしての活動は被取材者がそれどころではないと延期になったり、ライフワークの東南アジアは渡航自体が難しくなったり…。手をこまねいていることに焦燥感と罪悪感を抱きながら傍観しています。
 一方、自主取材の資金稼ぎでやっている『アサヤン企画』の仕事もキャンセル続出。そんななか、先日は卒業式のビデオ制作が舞い込んできました。やはり感染拡大防止のため、保護者と在校生の参列をなくして短縮した公立小学校の卒業式でした。どんな表情で卒業証書を受け取ったのか、校長や児童代表はどんな言葉を、ビデオを介してならば感染を心配せずに見聞きすることができます。また、時短にならなければ式で歌うことになっていた卒業生の合唱曲や校歌も、学校から音源をもらって式の映像に歌詞テロップとともに入れました。在宅ワークやインターネット会議なども感染防止策になっていますが、ビデオは記録として残す以外にこんな使い方もあります。
 ただ、こうした非常時にも児童の個人情報保護は厳しく求められ、卒業式の生中継はNG、映像をインターネットに上げることも許されず、コピーガードをかけたDVDが数日後に頒布されたようです。新型コロナの余波では家庭内暴力(DV)の世界的急増も報じられています。かつてDVを取材した際、暴力をふるう父親から逃れて来ている母子もいて、子どもが通っている学校が特定されると、執拗な父親に校門で待ち伏せされる可能性があるからと配慮を求められたことを思い出します。
 以前ここに書いた薬学部教授の研究とタイ厚生省の臨床試験の結果発表は待っています。また、小生がフィールドとしている東南アジア諸国を含め、メディア各社は1か月ほど前から社員と社外スタッフに出張取材や海外ロケを止めさせています。メディア企業に属すジャーナリストたちが動けないが、看過はできないという状況があればフリーランスの出番だと考え、今のところ傍観しています。皆様の周りに「看過できない状況」があれば、是非ご一報いただきたく思っています。(しんぼー)

スポンサーサイト