FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
カンボジア女性からの電話
 今夜8時ごろ、非通知の電話が携帯へかかってきました。「伯母さんが病気で死にそうなんですが、日本人の夫に一目で良いから会いたいと。私は姪で看護婦をしています」。滅茶苦茶な英語でしたが、何とかそんな風に聞き取れ、一生懸命なのはひしひしと伝わってきます。しかし、その看護婦の名前や喋り方に心当たりがありません。けっこう病院も取材して廻ったし、どこの、いつの看護婦さんだろうかと気がかりです。
 その1時間後、日課のゴミ箱チェックをしていると、カンボジアからの見慣れぬメールが引っかかっていました。それを開いて、謎は解けました。HPに掲載している『日本軍の飛行場』という記事に書いた、旧日本軍か軍属の夫、「ハラ」氏と生き別れになったメン・パンさん(80)です。その人の姪からの電話とメールだったのです。確かに、ウドンの自宅でインタビューした際、名刺を手渡してきました。
 ですが、記事に書いた以上のことは、本人も忘れてしまっているようで、残念ながら「ハラ」氏や彼の親戚を捜し出す手がかりは皆無です。せめてもと、プノンペンの友達に電話し、姪にお見舞いを渡しておいてくれと頼みました。
「あの人はもうこの世にはいないと思います。カンボジアも平和になったのですから、もし生きていたら、必ず会いに来てくれている筈です」とメン・パンさんは話していました。でも、死期が近いのを悟り、やはり会いたくなったようです。もうすぐ、二人は60年ぶりの再会を果たすことでしょう、戦争などない極楽浄土と呼ばれる所で。(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する