FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
取材や表現のスタイルについて
「取材の内容や日時が決まったら、上司に報告すること」とか、「リポートはとにかく眼に見えていることを伝え、余計なコメントなど加えるな」と言われることがあります。その会社に属し、給料を貰っている限り、反論などせず、従わねばならないのが結論です。
 しかし、もし私が経営側の人間だったら、記者やディレクターを信頼し、そんな手の内を覗くような制度は作らず、表現スタイルを押しつけるようなことはしません。なぜなら、やる気や創造性を殺ぐことになると思うからです。それに、誰でも取材先とトラブルになるのは嫌ですし、サラリーマン根性としても退職金が貰えなくなるようなマネはしないでしょう。
 企画段階や取材途上でプロセスを明かすと、経営権がない上司でも、自分の保身のために、介入してくる可能性があります。リポートも、よほど強調したいこと以外は、写真や映像とダブって言ったり、書いたりするのは、受け手を舐めた行為だと思います。受け手も「そんなことは、見たら判る。大きなお世話だ!」と苛々することでしょう。
 紙面や放送時間は限られているのです。送り手が伝えたいことに対して、あり余るなんてことはあり得ません。だから、文字や言葉では、絵からは判らないことを伝えるべきだと思うのです。ただ、その媒体が文字や言葉だけの場合は、情景描写が必要なことは言うまでもありません。(しんぼー)
  
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する