FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
119は気が引ける
 先週末、胴に激痛が走ったのです。肩や腰ではなく“胴”にです。まるで、腹筋運動を久しぶりに、それも一気に100回やった翌日のように、背中と脇腹とお腹の筋肉が、息をするだけでも痛くて、眠れそうにないのです。
 ジムは原則週一回通っていますが、痛くなったのは、前回ジムで腹筋運動してから5日も経っています。それに、いつもは筋肉痛など起きません。
 十数年前ぎっくり腰をやった時のように、翌朝起き上がれなくなっていたら、どうしようかと不安になりました。救急車を呼ぶほどの緊急性はなさそうです。しかし、夜中に往診してくれるようなかかりつけ医もいません。かといって、介護保険を使うには障害区分判定を受けるなどの手続きが必要ですし、“急性の身体障害者”なので頼めません。10割負担を覚悟しても、ヘルパー派遣会社は一見客へスポット派遣してくれるでしょうか。
 で、上半身が電柱のようになった先週の金曜深夜、どうしたかと言えば、鍼灸院に電話して、マッサージ師を呼んだのです。そして、インドメタシンをチューブ一本使い切って、胴一面に塗ってもらうと、翌朝には痛みが取れていました。
 今回の教訓ですが、普段は健康で、訪問介護や往診などを受けていない人が、休日や夜間に急に動けなくなると、救急車以外に助けを求められる先が、ほとんどないということです。でも、出張マッサージなら気楽に呼べますが、119は躊躇いますよね。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
安心できます
 コーチン様
 当ブログをご愛読、また、心強いご提案、どうも有り難うございます。
 では、どうにもこうにもならなくなった時は、プロのヘルパーさんを夜中でも呼ばせて頂きます。
 掛け捨ての保険のように、使っても使わなくても毎年いくらかヘルパー派遣会社へ納めておいて、年3回までなら無料派遣とか、いつでも遠慮なしに頼めるシステムがあれば良いのになと思っております。一人暮らしの健常者にケッコウ需要があるかも知れません。
 しかし、とうとうコーチン様がどなたであるか、100%解りました。
 お元気で!
【2007/04/26 23:43】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

プロ
奥方とも話したのですが、そういう時には遠慮なくご連絡を!
但し、当方が酔っ払ってる可能性がありますが、それでも搬送ぐらいは問題ないですよ。もちろん自分では運転せんですけど。
当方、プロにつき。



【2007/04/26 22:47】 URL | KOUCHIN #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する