FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
本当にやりたいこと
「好きこそものの上手なれ」とは言いますが、自分が一番やりたいことでは喰えずに、喰うための仕事を別に持つという生き方は、さほど珍しいことではないように思います。私の場合、フォトジャーナリストでは生活できず、放送局に勤めています。
 やりたいことを趣味として、アマチュアやボランティアという立場で続けるために、自分ができることの中で、需要があることを仕事にしている人が、実はほとんどではないかと思うのです。換言すれば、需要に対して、やりたい人の方が多いので、人が不足している業界で働くということになりがちです。
 自分はテレビのディレクターより、フォトジャーナリストとしての能力の方が高いと自認していて、第三者の評価も同じだと思うのですが、そもそも需要がなければ仕方ありません。
 興味が失せたとか、別にしたいことが出てきたと、放りだす方が楽かも知れません。しかし、そうすると「私は何者?」とアイデンティティーの喪失感に苛まれるので、やりたいことに固執しているのではないでしょうか。
 少なくとも、私はそうです。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




テーマ:仕事の愚痴 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント
まあ、こんなものですかね
 アジアンティーさま
 当ブログをご愛読くださり、どうも有り難うございます。
 皆が好き、つまり、需要のあることが好きな人は、好きなことを仕事にできるかも知れません。ただ、同時にやりたい人が多いのですから、競争率も高いでしょうけどね。
 しかし、平均値に実像がないように、万人好みなんていうものはないと思うので、結局、傍目には羨ましく見えても、本人は違和感を覚えながら、働いているかも知れません。
 ということで、私の場合は、割り切るということでしょうか。どこかで好きなことができる部分を残そうと思うのですが、そうしているうちに、疲れてきて、何事にも興味を持てなくなったり。まぁ、だから、凡人なのでしょうが、こんなものではないでしょうか。
 では、では、また。

 
 
【2007/08/14 23:30】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

やりたいこと
アサベさんでも、アイディンティテーの喪失などで悩まれたりするんですね。
私も、以前は仕事が楽しく生き甲斐だったことがありましたが、
今現在ではアイデンティテーを見失っています。

仕事=すきなこと
という人はいったい世の中の確率的にいったらどのくらいいるのでしょうかね。
それでも、働いて仕事をして生きていかないと行けないので
つらいところですね。
【2007/08/14 01:37】 URL | アジアンティー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する