FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
PCにも扇風機
 東南アジアの自主取材から帰って以来まる1週間、会社の仕事で編集室に缶詰でした。今ようやく素材のHD取り込みを始められたところです。しかし、PCが突然ダウン。もしやとCPUに手を当ててみると、火傷しそうに熱い!ワープロ時代から久しぶりの熱暴走です。
 それもそのはず、今日はこの夏一番の暑さで、当方のアパートは昼間34度、今も32.5度。網戸越しに入ってくる夜風は、ちょっぴり涼しくなっても、強烈な日差しを受けたコンクリート壁はまだ熱を持ったままです。
 当方は搾取や戦争、原発、環境破壊などに反対の立場ですので、自家用車を持たず、エアコンは使わず、ゴルフなどもしないと決めています。なぜなら冬のある温帯の、天然資源に乏しい所の人間が物質面で贅沢な暮らしをしようとすることが、様々なトラブルを起こしていると思うからです。また、そういう享楽を求めていると、不本意な結果になることにも乗せられたり、巻き込まれたりすると考えるからです。
 自分一人がそんな省資源・省エネ生活をしても、何も変わらないのは分かっていますが、記事やビデオリポートの中で自分の視点をハッキリさせた時、少なくとも揚げ足を取られないためでもあります。
 とは言っても、電球1個分の電力を消費しているPCはビデオ編集や写真の処理、原稿執筆に不可欠な時代となってしまいました。暑さでダウンしないよう、扇風機は自分の体だけでなく、PCにも当てています。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
悲観的に為りたくないですが…
 アジアンティーさま
 いつもご愛読、どうも有り難うございます。
 一度は、機密性の良い部屋で、冷房や暖房を効かせ、「快適な生活」を送ってみたい人が殆どです。寒いくらい冷房を効かせてしゃぶしゃぶを、汗が出るほど暖房してアイスクリームを食べてみたいのでしょう。その欲望を否定する権利は他人にありませんから、せめて、どんな代償を払わねばならないのか、その情報だけで行き渡ればと思うところです。
 では、夏バテされないよう、エコ生活を送ってください。お元気で!
【2007/08/14 23:22】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

暑い
「暑さ寒さも彼岸まで」とは言われてますが、福岡でも先日に37℃ぐらいを記録しましたね。
子供の頃はそんなに暑くなかったのに、一体この暑さはなんだんだろうと思っています。
PCもほっておくとものすごく暑いことになってしまいますよね。
なるべく、外の風をいれるようにエアコンは使わないようにしていますが、
なかなかそれでもしのげる暑さではないですね。

私たちが老後を迎えるころは40℃ぐらいになっているのではと心配しています。
「地球温暖化」個人的問題で果たして解決するのか!?
国レベルでやってもらわないと追いつきそうにないですね。
しかも、早急にやらないと年々気温が上昇するばかりではないかと思っています。
【2007/08/14 00:55】 URL | アジアンティー #- [ 編集]

暑いですね
 ヒロポンさま
 いつもご愛読、どうも有り難うございます。
 ノートは“下駄”を履かせて、置いている机との間に隙間を作ってやるのが効果的ですよ。
 私の編集用マックはデスクトップですが、本体にはアプリケーションだけ入れ、データは外付けHDです。最近はHDがめちゃくちゃ安くなり、転送速度も速くなったので、助かりますよね。
 では、また、夏バテなどされないよう、お元気で!
【2007/08/04 01:47】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

熱・熱・熱…
ごぶさたしてます。
PCと熱、PCが高機能化していく状況の中で避けがたいテーマなのですが、
当方の経験的には、CPUよりもHDの熱暴走・熱破壊のほうが多いです。
いくつかの種類があり、ディスクやヘッドが破壊される場合とドライブ本体
についているコントロール基盤のICが熱でやられる場合があるようです。
いずれにせよ、いちどHD熱暴走させてしまうとパーツの耐久性がおちてしまい
寿命がかなり短くなるようですね。

編集中にプロジェクトを保存していたシステムディスクが破壊し、10分のVPが
やり直しの憂き目にあったのは、かれこれ1年まえだったか…以来、USBファンを
PC本体に向けてまわしています(ノートなんですよ)

物事がスムーズに流れているときにはなかなか考えないものですが、編集上の危機管理
けっこう大切ですよね。
わたくし的にはプロジェクトも素材も外付けに保存して、PC本体が壊れても別のマシンに
乗り換われるようにして、外付けがイッてしまった時のためにプロジェクトだけはPC本体に
バックアップしています。もっともこれでは不完全ですが、気休めに・・・
【2007/08/03 12:53】 URL | ヒロポン #Man0GNOE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する