FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
バーゲニングパワー
 アパートの寒暖計が30.5度になっています。ずっと33度を超えていたので、これでもだいぶマシになりました。この夏も窓全開と扇風機、水のシャワーで耐え、電気代は5000円をオーバーさせませんでした。しかし、この汗だく生活は環境保護や原発反対、反戦を志向しているからであって、省エネによる支出の節約という面では微々たるものです。
 たとえ冷房をギンギンに効かせて、熱い風呂に入って、冷えたビールをグイッとやり、卓上コンロですき焼きをするといった贅沢をしたとしても、プラス月2~3万円のこと。 一緒に仕事している協力(業)者に飲ませたり、食わせたりといった会社へ請求できない持ち出し経費に比べれば、光熱費など使ったところで知れています。彼らのような職種も昔は社員でしたが、今は派遣やアルバイト、フリーばかり。年収は社員の半分か、三分の一。格差社会の最も身近な一例です。社員が一緒にいて、もし「割り勘で」なんて言うと、言った社員までがエゲツナイ合理化を進める経営側の一員と見られてしまいそうで、とても言えることではありません。
 ですが、彼らはそんな贅沢をしたいようなのです。出張でチャーター車でなく公共交通機関を使ったり、夕食にビールが付かなかったり、ホテルの湯の出具合やエアコンの効きが悪かったりすると、とたんに機嫌が悪くなるのが見て取れます。その気持ちは良く分かりますが、そんな物質的な物事に喜びを求めていると、経営者を含めた権力の思う壺だと思うのです。流行りの用語で言うなら「バーゲニングパワー」がなく、コントロールしやすい人だと見られるからです。
 前の番組を片付け、次の企画を捻りだし、今の台本を書き上げ、ブログを書く時間が出てきました。今夜はさらに数時間、遅々としている自主企画に割けそうです。(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:職場の愚痴こぼし・毒吐き場 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント
ご愛読ありがとう!
 アジアンティーさま
 「バーゲニングパワー」は、僕の解釈では、「値切れる力」ですかね。買い手だったら、「高すぎますね。他を当たります」と断ることが出来たり、値下げ交渉ができること。売り手だったら、「そんなに安いならば、他に持っていく所がありますから」と言えること。要は両者ともに、選択肢や代替えを持っていることでしょうか。
 自分自身も、不本意なことを嫌々しなくてもよいように、「バーゲニングパワー」を持ちたいと思うところです。
【2007/09/01 00:56】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

バーゲン二ングパワー
「バーゲン二ングパワー」なる言葉は初めて聞きました。

私も今は無職で節約生活を余儀なくされています。
もちろんん、地球温暖化の為にも最近沢山の予算があてられたように、
気は使っていますが、どうしてもお金の節約の為が一番考えてしまいます。

たしかに、自分が払うお金ではなくなると、バーゲ二ングパワーなるものが発揮されますよね。
その気持ちが判るだけに、難しい問題ですね。

国または民間のお金となると、麻痺してしまうんですよね。
「バーゲ二ングパワー」とはそういった意味合いで使われる解釈で良いのでしょうか?
無知ですみません(^^;)
【2007/08/31 11:05】 URL | アジアンティー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する