FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
メタボで食事制限
 秋の健康診断で「要治療」と引っかかってしまいました。所謂メタボリック・シンドロームです。辛うじて週1回通っているジムを、3回に増やすのは到底無理ですので、食事制限となります。医師に「このままだと、10年以内に人工透析になりますよ」と脅かされ、三食外食を改め、夕食は野菜中心の自炊を心がけています。また、バーではレシピーの割合は変えずに、全体の量を減すようお願いしました。
 食生活をセルフコントロールするようになって、次のような点が不便だと感じています。(1)自炊すると買い物と調理に時間が要り、食べられるのが夜遅くなる、(2)一人前作るというのは難しく、料理と食材の処理問題が発生、(3)ゴミ出しが翌日でなく、翌日から何日か出張になる場合は自炊しがたい、(4)食材のまとめ買いや宅配は、予定が分からないので、しばしば無駄が出る、(5)夕食調理の目的でヘルパーや家政婦を利用するのは保険も利かず高額。
 そこで思うことは、食事制限している人向けのメニューや飲食店があって良いと。先日、台北に行った時には、ベジタリアンのバイキング形式の店が複数軒あり、メニューも前菜からデザートまで豊富でした。日本も、晩婚化による単身世帯、単身赴任の中高年、独居老人、健康志向やアレルギー体質の人と、潜在需要は大きいと思うのですが、採算が取れないのでしょうかね。
 昔はもう少しあったように思う、いわゆるオカズ屋もほとんどありません。ご飯の分量が指定でき、オカズは自分で選べ、自由な組み合わせが可能な大衆食堂です。あるいは、栄養士か、その知識を持った調理人がいて、ほぼ毎日来る客の栄養バランスを考えて、日替わり定食を出してくれる店などがあれば良いのにと思うのです。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する