FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
大晦日から元日はロケ
 この一年、当ブログとお付き合い頂き、どうも有り難うございました。明日、大晦日から元日にかけては勤務先の仕事ですので、今夜これをアップします。
 小生のような仕事をしていますと、サービス業の方たちと同じく、年末年始だからといって休みとは限りません。年によっては逆に仕事が多かったりもします。若い頃は正月といえば、近鉄花園ラグビー場で高校・社会人の試合を取材していました。ニュースをやっていた頃は、ローテーションで大晦日に宿直し、初詣の取材に行ったことも何度かありました。そして今は、取材対象者が休暇ゆえに動きが出てくるし、また、日本の伝統文化が最も色濃くなるし、この時期を逃すわけにはいかず、取材やロケとなります。
 かと言って、他人が遊んでいる時に仕事をしなくてはならないからと、恨めしく思ったことは一度もありません。ただ、家族や親戚、旧友となかなか会えないのは困ったモノです。親族の不幸ならば外せますが、皆が寄るのでという理由で、取材を止めるという判断は難しいものです。しかし、他の仕事をしている人たちがメディアを通してしか見られないことを、自分の眼で間近に見られるのは、この仕事のうま味とも言えます。
 いま考えていることは、明朝から一家水入らずで正月を過ごす家庭を取材せねばならないのですが、疎まれずに、なるべく自然体を取材させてもらうためには、入るタイミングと引き際が肝心だということ。それに、正月に働かせているスタッフたちのご機嫌取りです。正月九州で最も人出がある地域が現場なので、宿や食事は当てにならず、渋滞を考えると移動も儘なりません。よって、今回は2日間チャーターする11人乗りジャンボタクシーを宿代わりにして、カセットコンロを持参して飲食物を温かく提供しようといったことで、現場責任者の小生は気を揉んでいます。なぜなら、取材先とスタッフ両方の機嫌が良くないことには、気まずい事件取材のようになってしまうからです。
 皆様、どうぞ良いお年を!(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する