FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
精進料理に思う
 生態系のピラミッドを思い浮かべれば一目瞭然ですが、やはり肉食は環境への負担が大きく、食糧難を招きやすいと言えます。肉食偏重だと、自分の健康にも良くありません。そのうえ、人間の場合、科学的に立証されているかどうか分かりませんが、性欲が増し、好戦的になる傾向はないでしょうか。非暴力なスポーツなどで発散できれば良いのですが、でなければ、短絡視すると肉食は食糧資源争奪に油を注ぎ、紛争へのスパイラルに陥らないでしょうか。
 草食動物も食糧を確保するための縄張りがあり、侵入者を攻撃することはありますが、追い出せばそこまでです。肉食動物のように他者そのものを食い物にはしません。猿ともなれば食糧確保のためだけではなく、優位性を争って喧嘩しますが、殺し合いはしません。しかし、ヒトは殺し合いまでします。ヒトの欲望にはきりがなく、満腹になり、さらに不測の事態を乗り切れる蓄えができても、利殖のため、権力を得るために貯蓄したりします。
 自分は政治家でも兵隊でもなく、そんなことはしていないし、これからもしないと思っていても、一市民としても選挙で誰を選ぶか、行政や法律を市民運動や言論を通じて肯定するか否定するか、納税や教育など国民の義務とされていることに従うか否か、移民するか否かで、関与していることになります。もっと言えば、世界諸国の現状を見ずに、自分だけ労働者として高収入を、消費者として低価格を求め過ぎるのも、不合理なダブルスタンダードを支持することとなり、その不合理を押さえ込んだりするための、いわゆる砲艦外交や植民地政策的なことを後押しすることになります。但し、役人や商人が甘い汁を吸うために、低収入で高価格に我慢することはありません。
 肉食や贅沢志向を止めたからといって、社会や経済が沈滞するとは限りません。もし沈滞するような社会ならば、最初から絶望的な方向へ向かっています。日本に昔からあるベジタリアン食に「精進料理」があります。外国から買い付けるのではなく身近な素材で、飼料にする穀物が沢山要る動物より野菜を中心に、そして、腹八分目。僧や信心深い人たちが平和や福祉を願って精進するのは、現代でもやはり道理に適ったことだと、このごろ改めて思うのです。
 ところで、来週から自主取材に、漠然とこんなことを考えながら、行って来ます。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する