FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
好きなスタイル
 とりあえず、企画3本を出し、ノルマ+1本達成です。だから、こうしてブログを書く時間も出て来たわけです。しかし、3本の企画がそれぞれゴーとなりそうで、計6本抱えることになります。先の分の編集が後のロケと重なることが多く、日程調整で悩まされますし、体力的にもキツイのが目に見えます。今どの分を撮っていたのかと、ときどき頭の中で混乱することもあります。
 いつも思うことは、会社の仕事は平均点のちょっと上くらいで、給料泥棒と言われない程度の本数をサラッとやっておこうと。ですが、会社は企画提出を毎クール求め、且つ、より良いものを作れと迫ってきます。
 なかでも最も頭が痛いのはスタイルのこと。小生はネタが初出であることや切り口の面白さ、取材のマメさを重視したく、それが自分のスタイルだと思っています。視点を定めて情報の取捨選択はしないことには形にならないので、しています。しかし、小生の理想は淡々と事実を並べ、その先は受け手に感じ、考えてもらうというものです。また、分かり易くなるからと、複雑な現実を強引に単純化するのも意に反します。しかし、会社は淡々としたり、分かりにくいのはダメ、感動を与えなければ作品ではないと言います。
 ものの見方や感じ方、思うことまで誘導するのは、20代の頃から一番したくないことです。なぜなら、受け手としての自分は、大きなお世話と言いたくなるような、或いは、押し付けがましいものが多すぎると思っているからです。小生のやり方でも、生涯に2、3本は素直に感動を与えるようなものが作れると思いますし、天才でもなければ、それが自然で妥当なところだと思うのです。ところが、会社はそれを量産させようと迫ってきますので、小生はやはりこの業界には向いていないという思いに行き着くのです。(しんぼー) 
 
スポンサーサイト




テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する