FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
二極化の気疲れ
 サービス残業やサービス休出もせず、有給休暇を消化して年収が1000万円超える人と、3Kや法に触れそうな業務を、心身ボロボロになるまでやっても300万円を超えない人に、日本社会は二極化しつつあると言われています。勤務先で仕事中ふと周囲を見渡すと、社員は自分一人だけで、他は全て協力業者の社員と派遣、フリーランス、アルバイトだったりし、その二極化を肌で感じます。同じ職場で、同じ時間働いていれば、同じような給料を期待して当然だと思います。差があっても、年齢給や家族手当、資格手当くらいで、納得行く範囲が望ましいと考えます。
 三倍を超えるような格差の原因は一重に会社が利益を出すために、高給取りで退職金まで必要な社員を減らし、需給調整も比較的容易にできる外部の人たちを安く使っているからに他なりません。そんななか、志気や品質を維持することと、気持ち良く仕事してもらう雰囲気作りに、ほとほと疲れてきました。
 社員でない人たちが「我々は使われているだけで、いまやっているのは社員の仕事、自分たちの仕事ではない」などと感じていては、良い結果は出ません。報酬に格差がなければ、疲れや辛さは同じなので、「もう少し粘ろう」とか、「もう一回やってみよう」とも言えます。しかし、現実は「そんな高給は頂いておりませんので…」というような態度に出られるので、なかなか注文も付けられません。かといって、外部の人たちのギャラを上げる権限は小生にはなく、せいぜい一緒に行動している間の飲み食いをポケットマネーで奢ることくらいです。
 一世代における二極間の移動は、収入が減る方向へは自分の意志で動けても、増える方へは難しいというのが、今の日本の状況のようです。現在の勤務先を辞めさえすれば、収入は即三分の一になり、こんな気疲れはなくなくなるのですが…。(しんぼー)
 
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する