FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
買うより、修理
 きょうは休みで、サイドボードの修理をしました。30年近く使っているので、まぁ仕方ありませんが、一番よく開閉する扉の蝶番が壊れて、食器の出し入れの度に不便この上ない状態だったのです。
 一瞬買い替えようかとも考えましたが、家具屋へ見に行ったり、納品日に在宅してなければならなかったり、収納しているものを移し替えたり、費用も手間も大変なことになるので、自分で修理することにしたのです。で、やってみると、近所の100円ショップで茶色の蝶番を買ってきて、後はアパートにあったドライバー一本で、15分ほどで完了。スムースに開閉し、よくよく観察しなければ、修理したとは判りません。ついでに雑巾がけして、ガラスを拭くと、まだまだ10年は使えそうです。
 住まいの営繕や家電の修理が昨今、頼むだけで出張料や基本料金といって数千円はします。その上に技術料が加算され、もう新品を買う方が安いといった値段に。ところが、肝心の資材や部品の価格は総額の1割以下だったりすることが多く、理不尽に感じてなりません。しかし、一方で、物価の安い外国で大量生産している製品を、消費者の手に渡ってから、日本国内で修理しようとすれば、新品を買うより高くなったりする構造も分からないことはありません。
 それでも、省資源や環境保全に繋がり、技術の伝承にもなることですから、修理のハウツーに関するサイトや本が、もっと多義に出回ることを切に願うこのごろです。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
ご愛読ありがとう
 華さま
 物でも長く使っていると、愛着っていうのが湧いてきますよね。
 だから、修理して使うっていうのは、その現れ。
 省資源、省エネ、省出費で、結局、我が身に返って来るのかなって思っています。
 華さんはブログとか、やっておられないんでしょうか?
【2008/09/11 23:45】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]


物は大事に使いたいです。
直せるものは、直したいです。

修理、できたら、いいですねv-21
【2008/09/11 19:25】 URL | 華 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する