FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
作家の条件
 純文学の人気作家と会食する機会がありました。「流石!」と驚いたことは、実年齢より10歳以上若く魅力的に見えるだけでなく、異性に対する好奇心が、年齢を超えてというより、とてつもなく旺盛だったことです。恋愛小説が多い方なので、ネタの仕込みと言えばそれまでですが、他人を取材するだけでなく、自ら赤裸々に語られる体験も、かなり奔放。小生も何冊か作品を読んだことがある人だったのですが、あれは等身大だったんだなとイヤに感心した次第です。
 それに加え、20年も、30年も第一線で書いておられる、書けているワケが分かったような気がしたのです。小生のようなウダツの上がらない人間が「感情の赴くまま生きれば、それに対する後悔や罪悪感のようなものから脅迫的にも創作意欲が湧き、常軌を逸した体験を基に独自のものが書けるだろう」と打算するのではなく、その作家は素でそういう生き方をされ、それがパワーとモチーフの源になっているように見受けられたからです。
 こんな陳腐な作家論は語れても、また、その真似事はできても、それを意識的にしているのでは、駄目です。知らないうちに、そうなっていなければ、ダメ。この辺りで小生は決定的な凡人であることを再認したわけです。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

なるほど、”originality"というかんじのものでしょうか。何となく分かるような気がします。
私の分野(研究)でも、”originality"はとても大事ですが、誰にでも持てる要素ではないのかもしれません。
実際のところ、ほとんどの研究業務は、「誰にでも出来ること」を地道に継続的に行うことによって進められていると思います。
【2008/11/14 03:51】 URL | ATP #JalddpaA [ 編集]

ATPさま、すみません!
 ATPさまのコメントを誤操作で消去してしまいました。深くお詫び申し上げます。
 しかし、内容は全部読んだ後でした。当ブログをご愛読くださっているとのこと、どうも有り難うございます。
 小生が「凡人」と思い知るのは、自分を客観的に見たとき、自分がやっていることはカネと時間と根気さえあれば、誰にでも出来ることだからです。小生が尊敬する人たちは、やはり独特なものを持っていらっしゃいます。それを真似てもダメなことは最初から分かっていますし、その独特さの度合いは、どう転んでも無理だと思うのです。
 まぁ、嘆いていても始まりませんので、凡人は「継続は力」に賭けるのみ。今後とも、当ブログと本体のサイトを、どうか宜しくお願い申し上げます。(しんぼー)
 
 
【2008/11/13 13:48】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する