FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
身動きとれない身体
 混乱を取材するためタイへ行きたいのですが、強引に行くと、大変なことになるので、行けません。民主市民連合がスワナプン空港を占拠し続けていても、ベトナム・カンボジア、香港、マレーシアなどを経由すれば入れます。
 1980年代後半から50回以上取材しているタイなので、あうんの呼吸で仕事ができる親友や、超多忙な時期でも会ってくれる政治学者もいます。また、タクシン元首相と一議員時代の現首相が来日した際、側近から泣きつかれて、難しい会談のコーディネーションに骨を折ったこともあるので、今度はこちらが無理を頼めます。
 しかし、明日は抱えている番組のMAとポストプロダクションという作業に立ち合わねばなりません。そして、それが終われば、すぐに別の番組の編集が待っています。こちらも自分で起こした企画なので、放っぽり出すわけにも行きません。また、会社は小生がタイへ行くことを望んでいませんし、既に他の社員を送り込んでいます。
 ラムカムヘン大学前のデモの時もそうでしたが、日本で安定した収入を得ていると、肝心な時に身動きがとれません。かといって、いつでも動ける、縛りのない仕事と言えば、アルバイトや派遣になりますので、いざと言う時に飛行機代もないといったことになりかねません。その上、その原稿や映像は売れたとしても、やっと取材費をペイできる程度。帰国後アルバイト先が見つかれば、まだ良しというところです。
 ということは、こうした突発対応は、皮肉にも年金が出るまで心身共に元気バリバリでいなくては難しいということでしょうか。(しんぼー)
 
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する