FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
時間切れで、開き直る
 明日はドキュメンタリー番組の企画書締切日。たとえ今夜適当な人が見つかっても、或いは、以前から声がけしている人から取材承諾をもらっても、もはや会って話を聞く時間もないので、今回は企画を出せないことが確定しました。ジタバタしても、どうにもならないので、ブログを書いている次第です。
 この仕事は一本幾らの歩合ではなく、月給制ゆえに心苦しいのですが、かといって、陳腐だったり、途中で転けそうな企画を出すわけにもいきません。出せない理由を自問自答すると、次のようなことになります。ストックがあった時期もありましたが、新たに見つけるより、出す数の方が多く、すでに底を突いていること。経験に従ってリサーチの技量は上がり、ネットワークも拡がってきたのでしょうが、人物や背景を差し替えれば既にやったと思えるものが年々増えてきていること。
 7年前から一昨年まで抗うつ剤と睡眠導入剤を手放せなかったり、睡眠時無呼吸症で器具を装着しないと熟睡できなかったりしたのは、こういう状況下でストレスを溜め込み、上手く発散できず、過食していたからだと自覚しています。個人的には人と比較するのは嫌なのですが、「もっと企画を出していない人は幾らでもいるし、小生は、まぁ、こんなもの。これでダメなら、左遷するなり、クビにするなり、どうぞ」と開き直れるようになったので、いま心身共に健康なのだと思っています。
 実際、現在4本制作中なので、下手に今回出して、採用にでもなると、粗製濫造を招くこと間違いありません。また、ドキュメンタリーの企画は、ニュースの締切と違って、これまでに分かっていることだけ、とりあえず報じておけばよいというものでもありません。ということで、新企画は次の締切に出すことにします。ストレスと健康の関係のように、仕事の量と質も自ずから、その人のキャパシティーに応じたバランス点があるように思います。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する