FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
何もしてないという感覚
 ヒトとしては二人子供を作って育て上げ、市民としては税金・年金・保険を払い、会社員としてはクビにならない程度の貢献を会社にし、個人としてはウェッブサイトに上げているような仕事をやってきました。
 しかし、ふと未だ何もしていないというような焦燥感に陥ることが年に何回かあります。子供の人数や納税額、やった仕事の量ではなく、種類や質において達成感が持てていないのです。52歳になろうという男が、いまさら自分探しなどしていては遅すぎるのでしょうが、やはり自分が本当はどんなことがしたくて、どんなものを作りたいのか、それがハッキリしないのです。それさえ判れば、気力と体力、時間、カネの使い方も絞れ、効率的に達成感を得られる方向に進めるのでしょうが…。
 厳密に言えば、実は「判らない」というより、やりたいことや作りたいものを自問する際、大前提としてそれにかかる時間やカネを計算してしまい、最初から自己規制していることが分かります。借金すれば資金は用意でき、会社を辞めれば時間もでき、一回、或いは、一時的になら実行できます。しかし、それを敢行したところで、収入にならないどころか経費も回収できず、次に繋がって行かないのが見え見えなのです。
 やはり、宝くじも買わないことには当たらないように、窮地に立つことになるかも知れませんが、思い切ってやってみなければ、明日へ繋がるか否かも判らないものなのでしょう。それでも、目算では分が悪すぎ、最悪は自己破産やホームレスになりますので、なかなか勇気が湧いてきません。ということで、愚にも付かない戯言をこぼしながら、どうでもよいような毎日を繰り返しているわけです。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する