FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
ボーナスの時期
 夏のボーナスは世間の例に漏れず、昨年比-9%ほどでした。そんなボーナスでも懐に入ったことを知ってか、この時期、借金を申し込んでくる友達たちがいます。一人は自営、もう一人は派遣で、銀行や商工ローン、サラリーマン金融にも蹴られるので、小生に言ってくるわけです。こちらも左団扇ではありませんが、小遣いの範囲でならば貸せなくもありません。小生が援助するのは、それで急場を凌ぎ、自立に向けて努力して欲しいと思うからです。
 ところが、実はこの二人、今回が初めてではないのです。加えて、無利子に甘えてか、彼らは返済期日を守らないのです。そもそも、その月のテナント料や生活費まで借りなければならない状態が、一体どういうことなのかということに彼らは気付いておらず、危機感も持っていないようなのです。慢性的に出超で、改善しなければ、債務ばかりが増え、破産へ一直線という緊急事態です。初回借金せざるを得なかった時点で、ホームページを立ち上げたり、ビラを撒いたりして積極的に営業するなり、空いている時間にアルバイトを掛け持ちするなり、ハローワークの職業訓練を受けて仕事を斡旋して貰うなり、配偶者に働いてもらうなり、親戚に泣きつくなり、財産を処分するなり、何なりと財務状態の改善策はあった筈なのです。なのに、以前とやっていることが変わらないのです。
 こういう人たちは、たとえ纏まった金額を貸しても、それがなくなるまで、いや、なくなっても、動き出さないのではないかと思えてきます。少し考えてみれば、信用がなくなるまで何も手を打たず、かといって、タンス預金もして来なかった帰結が今の姿です。厳しい言い方になりますが、彼らは戦乱や自然災害に翻弄されたり、或いは、健保が利かない難病に罹ったり、年金が出ない障害を負ったりして、路頭に迷っているのではありません。彼らの話を聞いていると、就職、脱サラ、起業、結婚、子作り、離婚など全て自分の意思で、大胆とも、無計画とも思える選択してきたので、やはり「自己責任」としか言えません。
 しかし、小生は自分自身が“カネの切れ目は縁の切れ目”で空しい思いをしてきただけに、また、勤務先の高給はこうした低所得者層の犠牲の上に成り立っている構造も見えるので、知人友人からの頼みを無下に断ることも出来かねず、悶々とするこの頃です。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する