FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
想像を超えるほど希ではないハナシ
 東京出張の帰り、搭乗10分前に空港売店で平積みになっていた小説を買い、帰り着くまでに読了しました。恋愛の末、婚約した女性にガンが見つかり、家庭を持つどころか、入籍前に逝ってしまうという話でした。映画でも実話を元にした『余命1か月の…』といった作品が掛かっています。大ヒットした『タイタニック』もそうでしたが、たとえ互いに“美しき誤解”をしているのであっても、同舟異夢であっても、愛が頂点に達している男女が、天災や戦争、病などで死に別れするか、或いは、二人とも死んでしまうという古典的な筋です。
 しかし、現実は殆どのカップルがそんな事件事故には遭わずに、結婚し、子供を作ったりします。そして、遅かれ早かれ、程度の差こそあっても倦怠期が来て、相手に異性を感じなくなったり、仕事が上手く行かなくなったり、生活に疲れてきたりして、夫婦や家庭に軋轢が生じます。男女の愛が冷めても離婚しないカップルは、清濁併せ飲んで、民法上の夫婦を維持し、少なくとも外見は家庭の体を保っている場合が多々あります。
 人生のうちで至福の時に人生自体にピリオドを打てれば、次の瞬間には破綻し始めることが多いのですが、その「次の瞬間」がないわけですから、記憶や記録は至福のまま“経年変化”を起こさないどころか、美化されて行きます。なので、ほとんどの人は、そんな眩いような体験をすると「後生だから、時間よ、このまま止まって!」と思うのですが、歳月は無情にも過ぎて行き、実生活のシガラミに気持ちは萎え、心身共にじわじわと老化していきます。つまり、願望しながらも意図しては出来ないことを、それが想像を超えるほど希ではないので感情移入できるという点で、いつの世にもこうした話は売れるのだと思います。
 で、小説やドラマなら古典的なまでに当然の戦略で、何も言うことないのですが、困ったことに、ドキュメンタリーにもそんな甘美な着地が求められたりするのです。そもそもドキュメンタリーなのですから、ドロドロの出口が見えない現実を呈示し、考えさせる終わり方でも良いと思うのです。しかし、どうも多くの受け手は普段から直視したくないと思っている現実を見せつけられ、考えさせられる結末は受け容れ難いようです。なぜ?やはり、ドキュメンタリーと言えども、多くの人が娯楽性を期待しているからだと思うのです。(しんぼー) 
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する