FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
プロに裏をかかれました!
 自主取材に行って来たわけですが、これまでに八十回近く行っている東南アジアで初めて盗難被害に遭いました。現地国内線の機内で「東京へ行きたいんだけど…」と話しかけて来た40代半ばのインド系男性がその犯人。バゲージクレームまで付いて来て、話の流れで日本円の換金レートを尋ねるのです。ビジネススーツに身を包み、自分の財布を広げて100ドル札を取り出します。
 後から分かったことですが、高額紙幣が何十枚も入っている財布の中を見せたのも、きちんとしたスーツ姿も、カネに困ってなどいないと誇示し、小生を油断させるための演出だったのです。その他にも小生が油断してしまった要因がありました。というのは、特にその地方では、携帯電話が仕掛け爆弾の起爆に使われるため、登録されてない携帯を不通にするほどテロ対策が厳重で、チケットを買う際のIDカード提出や、搭乗ゲードでの本人再確認も徹底しているからです。且つ、その便は指定席のうえ、満席で席の移動は不可能でした。となると、座席が分かれば、身元は割れます。また、他空港より警官が多いだけでなく、小銃を持った兵士も配置され、もとより監視カメラもあちこちにあります。だから、プロの窃盗犯なら、こんなリスクの高いところで、わざわざ仕事することはないだろうと思っていたのです。
 犯行はターンテーブル前で荷物を待ってる間のことでした。男は100ドル札を出した後、今度は小生に1万円札を見せてくれと言います。財布から1枚出すと、それを自分の方へ引き寄せるのです。小生は反射的に札を摘んでいた右手に力を入れ、手を離さないようにしました。1万円札を間近に見た男は礼を言って離れて行ったのですが、何かおかしいと思い、すぐに左手に持っていた財布を見ると、横のマチの部分が鋭い刃物で切られ、数枚の札が抜き取られていたのです。右手に気を取らせておいて、まるでマジシャンのような一瞬の犯行。男の方が一枚上でした。
 しかし、犯罪はやりたい放題などと思わせておくのは癪なので、小生はその足で警察署へ。30代の刑事は翌朝には監視カメラから犯人の写真と、航空会社から同便の乗客名簿を入手、小生もその男と確認しました。逮捕したあかつきには日本まで連絡してきそうな刑事の熱心さには感心しましたが、現金だけ盗られた場合は旅行保険が利かないことを確認し、トホホ。裏をかいてくるプロには、皆様お気を付けください!(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する