FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
経費節減の苦痛
 昨秋のリーマンショック以降、勤務先でも経費削減の傾向は顕著で、具体的には自社制作枠や番組制作予算が減らされています。それで小生としては次のようなことを実行しています。①カメラマンや音声、アシスタント、CGデザイナー、リサーチャー、AD、編集マンらを頼まず、自分が出来ることは自分でする、②タクシーやレンタカーをひかえて公共交通機関を使うか、5キロ位までなら自転車で移動する、③取材相手の接待費を自分で持つ。当然その分、気を使い、体力を消耗し、時間のやりくりが難しくなり、金銭的には持ち出しが多くなっています。
 ここで思うのですが、たとえ少人数で作った番組に遜色がなくても、会社の経常利益に貢献しているのだろうかと。元よりドキュメンタリーや報道は儲かっていなかった枠で、広告の本数や売り上げがガクンと落ちているのは全体的なことなので、焼け石に水という感じが拭えないのです。また、本数こそ減っていますが、依然として①、②、③とも実行せず、従来通りの制作スタイルを取っているプロデューサやディレクターもいます。
 例えば、ネットの1時間モノ以上など予算が潤沢にあるものと、大人数で分業せざるを得ないナマ中継や撮って直ぐに出すものを除いては、こうした経済状況ならばテレビ番組も新聞雑誌の記事のように少人数で企画から仕上げまでするといった慣習を早く定着させて欲しいものです。
 というのも、デジタル化で機材は軽量・安価になっていて、物理的には倹約することが可能な時代となっています。しかし、今は過渡期だからでしょうが、どのくらい節減するかが曖昧で、節約して限られた予算内に納めることよりも、その加減で気を揉むことの方が苦痛だからです。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する