FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
YouTube利用に緊張
 勤務先で貯まっていた代休を消化する形でフリーな時間を作って今年8月に取材した記事とビデオリポートを、やっと今日サイトにアップできました。テロが続くタイ深南部のリポートですので、ご興味のある方は是非ご覧になって下さい。
 それにしても、我ながら取材してから報道するまでに時間がかかり過ぎと思うのですが、取材から戻って来るや否や勤務先の仕事に忙殺され、夜寝る前に1時間ほど、休みに半日とチマチマ編集していたからです。また、インターネット上と言えども二重寄稿は良くないので、原稿を送った雑誌編集部に興味がないことが判るのを待っていたのもあります。
 ところで、今回からYouTubeの利用を始めました。単純に尺が10分か2GBまで、16:9も上げられれ、無料だからです。こうした動画サイトへ自分に著作権も放送権もない映像を勝手に上げることが問題になっていますが、小生がアップしているものは「著作製作自分」で、ビデオリポートのBGMも著作権フリーの楽曲を使っているので、クレームは付かないと思います。
 ただ、これで動画は、日本のレンタルサーバーに置いて、サイトからリンクを張っていたこれまでより検索に引っかかり易くなり、世界中の人が見る可能性が大きくなります。ということは、当事者や専門家の目にも触れる機会が増すわけで、他人に著作権があるものをアップしたことはありませんが、それよりもずっと緊張しています。要は、これからも推測などで飛ばして書かないよう、取材したことに忠実にやって行くしかないようです。(しんぼー)
  
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
YouTubeの威力!
 小田謙爾さま
 小生のビデオリポートを見て頂き、また、ブログへの書き込み、どうも有り難うございます。
 しかし、アップした途端だったのに、世界は狭いというか、奇遇というか、とにかくYouTubeは凄いですね。タイの通信事情でも、動画は問題なく走りましたでしょうか?
 東南アジア取材は今後もライフワークとして続けて行きますので、記事と写真のサイトも併せ、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 末筆ながら、原さんにも、ご協力に感謝していると、どうか宜しくお伝え下さい。お気を付けて、お元気で!
 
【2009/12/10 11:44】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

パタニより
はじめまして。一回目のアザーンが響いたばかりのパタニからお便りします。今、午前4時15分です。私は、取材されたルースミレのモスクのすぐ近く、大学の職員寮に住んでいます。ビデオに登場するH氏の同僚です。

今、3本のビデオを見終わったばかりです。よくぞここまで来て取材し、そしてよくぞこれをこの形で公開してくださったものだという感嘆と感謝が湧き上がっています。10月に日本の大学で一回だけ授業して、この問題を紹介しました。そのときに、「今は何もできなくても、こうした滅多に報道されない地域の問題に関心を持っていてください。ネットで時々検索するだけでもいいですから」と、学生さんたちにお願いしておきました。彼らがこのビデオと記事を見てくれるとよいのですが。

授業のテーマはメディアと言語をめぐるもで、その一つは報道されることと現実の距離についてでした。2本目が終わるまでは、そのとき自分が話したとおりのことが、この現地取材に基づく迫真性の高いビデオでも進行していました。それは、ニュースネタになるセンセーショナルな部分が取り上げられて、それ以外の日常(そこjにこそ重大な示唆がある場合が多い)が語られないという点です。

が、三本目に入って、この地域が現在の世界に向けて発しうる最も貴重なメッセージが、見事に描かれていました。それは共生の秘訣を村の先生が語る場面です。南部タイがこれだけテロを繰り返しながら内戦に至らないのは、ムスリムと仏教徒(+華僑)が、お互いを理解しあう知恵を身につけているからに他なりません。その点をコンパクトに伝えてくださったのは、阿佐部さんのセンス、バランス感覚の成せるところでしょう。

敢えて注文をつけるとすれば、大学キャンパスの中も取材されていれば、上記の共生の一つの姿を見ていただけただろうにと思われました。あるいは取材許可が出なかったか、パタニ訪問が週末(8月中旬は祝日もあって、長い週末になっていました)であったかといった事情も想像されますが。

どこかわかりませんが、この記事をボツにしてしまった雑誌屋さんがあったようです。勿体無いことですが、そのおかげでこうしてYoutubeにビデオが出てくれたのなら、大いに結構かもしれません。

昨日はタイとマレーシアの首相がナラティワートを訪問しましたが、いろいろ血なまぐさい騒動も起きていました。この地域が今後どうなるか、予断を許しませんが、いつかまたここを訪れてリポートしていただけますよう。私もこれから阿佐部さんのサイトとブログ、それにビデオから目を離さないようにしていこうと思っています。
【2009/12/10 06:46】 URL | 小田謙爾 #t5ybjNAQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する