FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
タブーとお約束
 ニュースやリポート、ドキュメンタリーであれ、企画や出来上がった段階で売れなければ、日の目を見ません。フリーランスはもちろん、社員でも社内のネタ会議やコンペに通らなければ、媒体に載りません。そこで、採用されようと、部数や視聴率を上げようと思うと、やってはならない「4つのタブー」と闘うことになります。
 タブーと言っても、ある程度は慣例として許されていて、逆にやらないと競争に負けます。“盗作まがい”は、引用を明示せずに伝聞調にしたり、媒体の種類や使用言語が違うのでOKとすること。“ねつ造に近いもの”は、受け手に分かりにくいからと、事実を無理矢理シンプルにすること。“ヤラセ”は時に「演出」とも言い、あり得ない、起こり得ないことではないのですが、構成や締め切りに都合が良いよう、カメラの前でやって貰うこと。二重寄稿は、以前発表したものに、少し手を入れて再び出すこと。
 当然ですが、度を超せば、ジャーナリスト生命を絶たれます。しかし、やりたくなくても、ギリギリを行かなければ、業界で喰って行けないという現実もあります。それが何故と考えてみれば、ノンフィクションでも、やはり売れるものは、“お約束の”予定帰結が期待されているからだと思うのです。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




テーマ:おもろいもの - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する