FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
この時期、毎年の焦燥感
 2009年も暮れ行こうとしています。毎年のことながら「あぁ、今年も何もしなかったな、出来なかったな」という焦燥に駆られています。勤務先ではそれなりに働き、数本のドキュメンタリー番組も作りました。しかし、それは商業的な意味を含めて放送できるという範囲内で、且つ、プロデューサーやスポンサーの顔色を窺ったものです。なので、小生の仕事のようで、小生の仕事ではないのです。言うまでもなく、著作権も小生にはありません。
 やはり、こんな後悔をしなくても良い年末というのは、フォトジャーナリスト個人として納得いく取材ができ、それなりの反響があった時です。叶えぬうちに身体が動かなくなってしまうかも知れませんが、これからもそれを目指します。でないと、「自分は何者?誰?」という、自己存立に関わることだからです。
 来年の自主取材も、1本目は既に現地の友達と連絡を取りながら、リサーチを始めています。勤務先のメディア企業では端から採用になりそうにない企画なのですが、だからこそ小生は自主的に取材・報道しなくてはと思うのです。逆に言えば、日本のメディア企業は少々色の違いはあっても、受け手が同じだからでもありますが、興味の対象は横並びです。小生が勤めている放送局が食指を動かす企画やネタは、同時に他局、他社も欲しがるので、そういうものは誰か他の人が確実にやりますので、小生としては放って置いて良いと思うわけです。
 渋い雑誌や衛星放送枠も殆どなくなってしまった今、インターネットの個人サイトYouTubeでの発表になるのですが、文字数や尺の制限もなく、いつまでも載せておけ、さらに世界中からアクセスできるわけですから、小生の目的には適していると言えます。ただし、実費すら回収できないので、ぐちぐち言いながらもメディア企業のサラリーマンを辞められないということになっています。こんな愚痴ばかりたれておりますが、今年のご愛読、どうも有り難うございました。来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。皆様、良いお年を!(しんぼー)
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する