FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
3D映画に思う
 平面のスクリーンに映っている動画を立体的に見せる3D映画が大ヒットし、話題になっています。デジタルテレビが導入された時にも同じことを思いましたが、一部の凝り性の人たちや、遊園地の仕掛けには有意義だと思います。本来、こうしたカラーや高画質、立体表現などを可能にしてきた科学技術の発展は通信や医療、研究などには例外なく良いことでしょう。ですが、表現や伝達という目的にとって、或いは、それを受けて愉しむ側にとっては、果たして歓迎すべきことなのかと疑問に思っています。
 挿絵すらない文字だけの文芸作品でも、読み始めると同時に脳裏に鮮やかな光景が映し出されるのが文芸の醍醐味です。同様に、粗いアナログテレビでも工夫次第で細密描写や質感表現は可能ですし、4:3のアスペクトでも水平方向の拡がりを強調する作画法もあります。遡って、モノクロでも色彩を感じさせられますが、逆にカラーで色を感じさせようとすると、色を整理したり、省いたりしなければなりません。
 メディア越しに見ているものを、素で見ているものに近づけるのが技術開発の方向。それを「リアルな表現」というのかも知れません。確かに、受け手は積極的に想像力を働かせなくても、受け身で一見楽かも知れません。しかし、何でも未整理のまま煩雑に呈示されてしまって、かえって何を表現しているのか分からなくなり、結局、伝わらないということになりかねません。
 文章にしろ、写真にしろ、映像にしろ、何かを表現して伝えようとすると、書くことや写すものを、絞ったり、削ぎ落としたりする作業が肝要です。技術的には何でも不自由なく表現・伝達できる時代になるに連れて、送り手も受け手も以前に増して、逆に選択的になって行かざるを得ないようです。(しんぼー)
 
 
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
お久しぶりです
 ATPさま
 小生のブログを忘れず、再訪して下さり、誠に有り難うございます。その後、お元気ですか?
 仰る通り、3Dも娯楽や学術研究には良いことは同感です。しかし、メーカーも受け手も「本質的でない部分」を求めることに拍車がかかりそうで、活字やアナログ、モノクロなど制限があるからこそ味わい深いものが、ますますやりにくくなることを憂慮しているわけです。
 今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
【2010/02/10 10:54】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]


お久しぶりです。
先日、家族でAvatarを3Dで観てきました。家族は大いに楽しんだようです。私は映画は基本的には「娯楽」だと思っていますから、大スクリーン、3D、迫力ある音響、と観客を映画館に呼び寄せる効果はあるように感じました。ただ、「軽い」映画ではありましたね。ディズニー映画的です。
私は、3Dは表現法の1つとして発展していけば良いのではないかと思います。3Dで無い映像の価値が下がるとか、モノクロやアナログの映像の価値が下がる、というものではないように思います。ただ、家庭用テレビも全て3D対応になっていくのでしょうかね。本質的ではない部分で一所懸命商売しようとしているメーカーを見ていると微妙ですね。
【2010/02/10 00:25】 URL | ATP #JalddpaA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する