FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
トンチンカンな日々
 明後日から小生は勤務先の仕事で初めての地へ取材に行ってきます。社命ですから逆らいませんが、絶対小生の他に適任者がいる筈です。観光ですら行ったことがなく、本やネットで囓った程度のド素人には、友人知人もいません。逆に、政局が混乱を極めるバンコクならば、他のジャーナリストを出し抜くことも可能です。過去23年、数十回に亘って様々な局面を取材してきただけに、学者や政治家、ビジネスマンをはじめ、スラムや東北タイの農村にも人脈と土地勘があるからです。しかし、そちらでは声がかからず、小生が手探りで初めての国へ行くように、タイ取材には誰かが経験もないまま行かされているのです。
 というのは、マスメディアの記事や番組は、少し調べれば既に明らかになっていることでも、受け手が初めて知った時の驚きというか、インパクトを最も大事にするからだと思います。本当に初出のことは、地味な場合が多く、取り上げる側の思惑通り当たるかどうかも不確かなものです。要は、内容よりも、それが既出か初出かよりも、書き方や見せ方、つまり演出が求められているのです。だから、社会的地位のある人が取材して書いたり、人気タレントが旅して体験したりという手法が多用されています。
 ですが、その著名人が取材・報道する対象に精通しているかと言えば、大抵の場合、そんな地道なことをしている時間はなく、素人同然です。元より、話を複雑にする詳細さや複眼は求められていないどころか、敬遠されているのですから、それで良いのです。換言すれば、だからこそ、99%以上が平素その対象に興味を持っていない受け手と共感できるのです。観察力や感受性は必須なのですが、驚いたり、感心したりする対象が、その分野や地域に日頃から関心を抱いている人たちの間では当たり前の常識であっても、そんな1%以下の少数派をターゲットにはしていないので、全然構わないのです。
 事業として考えれば、如何に多くの人に面白く読ませて見せるかという部分に力を入れる方が、初出や深さに拘るより、ずっと効率が良いのは、小生も理解できます。しかし、こうした取材・報道システムは、どうも好きになれないのです。こんなトンチンカンな日々を送っていて、一番ホットな時期にタイへ行けませんが、ここは忍の一字で会社や受け手が求めることで資金を作り、次の自主取材でその思いを晴らそうと思っています。(しんぼー)
 
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する