FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
翻訳するということ
 勤務先の仕事や雑事にかまけて、なかなか更新できないウェッブサイトですが、本日ようやく新しい記事をアップできました。といっても、英語ページでのことで、日本語ではすでに数ヶ月前にアップしている記事です。小生のライフワークは東南アジアの海外取材が殆どなので、取材先や協力者への報告も兼ね、日本語を読まない人たち向けに英語ページを制作しています。
 英語至上主義ではありませんが、情報の発信も受信も英語でとなると、とたんに間口が拡がり、その量も日本語の数十倍になるのではないでしょうか。英語圏の人口は中国やインドなどの大国と比べると小さなものですが、それだけ英語に翻訳されているものが多いということです。
 音楽や絵画、写真、映像は異なる言語圏をそのまま往き来するのですが、やはり、その中の言葉が翻訳されていない限り、社会や時代を反映していても抽象的です。また、理数系の式は万国共通ですが、思想の入り込む余地がありません。その点、文章は論理や価値観を具体的に伝えられます。しかし、翻訳しないことには、全く言語圏を越えられません。
 政治や経済にとっては情報の種類や量にギャップがある方が好ましく、新しい情報が入って来ることは都合悪いと思う人たちがいます。そういう人たちは、言語が異なることを之幸いとし、翻訳されないことを望んでいます。独裁政権や排他的な価値観の下、偏った教育をしていたり、外からの情報を受け付けなかったり、自分たちのことを外へ向けて説明しなかったりする国や地域、集団があります。それには独特の文化という一面もありますし、世界が均質化してしまっては、そもそも情報交換しても、旅しても面白くありません。ですが、やはりジャーナリストとしては、様々な情報に自由にアクセスでき、得た情報を取捨選択した上で、個人や地域や国がそれぞれの在り方でいて欲しいと思うのです。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する