FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
犬猫雑誌や番組の多いこと!
 ペットの犬や猫を扱った雑誌やテレビ番組を毎日のように目にするのは小生だけでしょうか。最近、殊に多くなったように感じます。加えて、どれも同じタッチというか、志向で、それがいつも気になるのです。動物の赤ちゃんや子供、或いは人間が作った特定の種を「可愛い」というだけで、奇形で生まれたり、捨てられたりて、処分されたりする陰の部分には滅多に触れられません。
 テレビや雑誌に出ている姿は、人間が品種改良(?)したり、ダイエットさせたり、トリムしたり、服を着せたり、はたまた尾や耳を切ったりした結果で、本来の姿ではない場合も少なくなく、痛々しくも感じます。ここで不思議に思うのは、感情移入が過ぎて擬人化し、時にヒステリックに「かわいそう」と言う人たちの一部が、一方で、そうした虐待のようなことを好んでいることです。
 これは人間と動物やペットの関係に限らず、人間同士の関係でも、しばしば見受けられます。自分の審美観や価値観の方がベターであるか正しいという確信や思い込みは持っていないと、「私は誰?」と自分を見失い、生きる気力も無くしてしまうでしょう。しかし、それを状況に応じて引っ込めなかったり、普段から押し付けていたりしていては、人間関係が上手く行かないだけでなく、それ以前に限られた世界に閉じこもっていなければ、トラブルメーカーになっている筈です。動物を〝ネコ可愛がり〟し、すぐに可哀相という人は、異文化と接触した時はもちろん、ローカルな一社会に住んでいても、自分の確信や思い込みを最初から肯定してくれるか、理解していないが故に否定しない人たちとしか付き合わない人と近似しているように感じます。
 そうした関係は自分を相手に投影できて、確認でき、孤独に苛まれることなく、寂しくないだろうことは想像できます。たまたま凸凹が合ったり、互いに歩み寄りの努力をしたりした双方納得の上での関係ならば幸せでしょう。ですが、その関係がヒトとその他の動物のようにアメと鞭を自由に使える側が固定していたり、慣習や文化、宗教的戒律、法律などで一律になっていたならば、トンデモナク不幸なことだと思うのです。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
どうも有り難うございます
 Yusuke Imadaさま
 当ブログを読んで下さり、その上、ご感想まで、どうも有り難うございました。
 勤務先の仕事とも、個人の仕事とも関係なく、気ままに思ったり、考えたことを書き付けているブログです。また、お時間がありましたら、どうぞお立ち寄り下さい。
 
【2011/01/11 22:20】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

心理学的
ペットをもつ、ということ。

ふるくは日本人として、動物を飼う余裕のある生活は、今までなかったと思います。
それが一人暮らしを理由に、持ち続ける可能性をもちはじめました。
食べる生活があるかのようです、しかしそれに天が反応したのか、TPPを受け入れる日本政府の構えが出てきました。

心理学的、説明が魅力的でした。ラジオを手掛けたいという気持ちにあっているかのようです。報道ではなく、文学的表現がひきつけられました。
【2011/01/08 21:54】 URL | yusaku imada #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する